昨日はニュピでした!


Selamat Hari Raya Nyepi Tahun Baru Saka 1938 !
3月9日ニュピ、サカ暦1938年の年明けでした。今年は日食と重なった特別なニュピなんですね。
残念ながら皆既日食ではなく、バリで見られるのは部分日食で朝8時半頃から欠け始めたようです。
朝から快晴で空気も澄んでいます。バイクや車の音も一切しない、時折聞こえるのは鳥の囀り、風の音
まさに静寂の一日です。朝6時から翌日6時までは火と電灯の使用が禁止、外出も禁止されます。空港
警察、医療機関、消防なども緊急時以外の行動が禁止されます。観光客も含めバリにいるすべての人が
この制限を受け、これが何のためらいもなく、ごく普通に行われている事自体が凄いですね。素晴らしい!

ニュピ前に行われるのはムラスティ(Melasti) という儀式で、各バンジャール毎に寺院の御神体と共に川や海に
行きお清めします。大型トラック数台に乗り込み、荷台に村人達がぎっしりと立ち並び、ガムランを鳴らしながら
行く様もいいものです。サヌールやクタビーチは、あちこちから来たムラスティの人々で大賑わいのようです。

そして、ニュピ前日に行われるのが オゴオゴ です!   今年もウブドの王宮まで観に行きました。

f0191927_2294754.jpgf0191927_22131651.jpg

夕方にはバンジャール毎にオゴオゴがサッカー場を目指し、行進して集まるのですが、どうしたんでしょう・・・オゴオゴが
まだ来てない。それからしばらくして、暗くなってからオゴオゴがサッカー場に来始めました。これじゃ終わりが11時頃
になりそう。いつもならオゴオゴはサッカー場から王宮前の4つ辻に行き、パフォーマンスがあるのですが、今回はそのまま
集合場所のサッカー場で行われるようです。王族の方が亡くなった為、王宮付近は静かにするとの配慮らしいです。
観る側にとってはゆったり座って観られるのは安心だし、やる側にしても、広い場所でオゴオゴを思う存分練り動かせて
良かったのではと思います。照明も綺麗でしたよ、オゴオゴの写真や動画も徐々にアップしていきますね。

f0191927_231062.jpg





[PR]
by lavender_beth | 2016-03-10 22:17 | バリの行事・お祭り
<< オゴオゴ (壱) Ubud ・... プナタラン・サシ寺院、チャロナラン! >>