プナタラン・サシ寺院、チャロナラン!


f0191927_15522761.jpg

f0191927_1783559.jpgf0191927_17102089.jpg


”Ngiderin Dansil”という儀式を観た後、大勢の中に混じって見よう見真似でスンバヤン(お祈り)をしました。何度も
手の先に花弁を挟み祈り、聖水を浴び、手に頂き、生米を額や首元などに貼り付けます。お坊さんの鳴らす澄んだ鈴の
音がしきりに響きわたります。、その音を聞きながら手を合わせるのは気持ちがいいものです。無になれると言うか
何か大きな存在に心身をゆだねた様な、そんな気がして一瞬楽になる感じがします。その延長上に信仰心と言うものが
あるのかな・・・などと思ったりして、私のように両親のお墓参りはするけど、神様、仏様、八百万の神様などと・・・
どちらかというと不信心な方に属しますのでこういう場に出くわすと、いろいろ宗教に入信する人の心も、救われる心も
解らなくはない。そんな気持ちにさせるのも、バリに居るからこそですね(笑)

                 バロンやランダがたくさん奉納されていました。
f0191927_17302322.jpg

その日の夜、これも又予定が変わって行われる事になった「チャロナラン」は始まりが遅く、終わるのは夜中過ぎで
何時に終わるかは状況次第なので、一度家に帰ってから再度、10時頃に出かける事になりました。

f0191927_17431692.jpgf0191927_1816100.jpg

f0191927_1925952.jpg

お寺に着くとすでに始まっていて、大勢の人の後ろからで見えな~い、三方は人垣で一杯、何とか潜りこめたのは後ろ側で
これじゃ写真も撮れない、もう少し前の側面から観る位置を探して前の方に座りましたが、照明が明る過ぎ!おまけにレッド
グリーン、ピンクなどのカラー照明で、ハートの形まで映し出して、二方向からスモークが・・・チャロナランとは思えま
せんがこういう派手な演出バリ人好きみたいですね。奉納されていた4~5体のバロンが次々と出て踊ります。

f0191927_18461187.jpg

クリス(剣)を持った男達が恐れ慄きながら、ランダに向かって行く場面です。照明はレッドに変わり、スモークで
煙る中、マンクー(お坊さん)や上下白装束の係の坊さん達がたくさん出て来て、遠巻きにその時(トランスする)を
待っている様子です。

f0191927_22295555.jpgf0191927_22321245.jpg

チャロナランは何回か観てるけど、今夜のはランダと闘う場面がやけに長い。そして、クリスを持った男達のほとんどが
一気にトランスした! 待ち受けていた坊さん達が駆け寄り押さえつけ、クリスを取り上げそれでも、うめき声を発して
のたうち回っています。バロンも出て来てトランスした男の側に行きます。聖水を持った女性も慌ただしく次々と男達に
聖水を掛けていきます。 迫力ありました。





この後、チャロナランや娘が出て来たりのやりとりがあり、バリ人が楽しみにしているコント風なものがあってそれから
恐い場面になっていくのですが、死体が出て来たりランダが墓場に行ったり(開催するバンジャールによっては、違う)
そこまでには、まだまだ時間がかかるし、最後まで観るのは大変なので、今回も途中で帰ってきてしまいました。





[PR]
by lavender_beth | 2016-02-26 15:49 | バリの行事・お祭り
<< 昨日はニュピでした! プナタラン・サシ寺院のお祭り! >>