雨季恒例となった植林祭 !


12月4日(土)キンタマー二のバトゥ―ル山麓での植林祭に参加しました。
主催は 「NPOアジア植林友好協会」 とバリの 「YAYASAN BALI HIJAU
LESTARI」 (財団法人バリ緑化協会) そして 「バリの森を考える会」
後援は「バリ日本人会」です。集合場所には近隣の高校生や中学生が配られた
ポロシャツを着用して大勢参加していました。主催者側のお偉いさん達の
挨拶が長くて、長くて、植林が始まったのは10時頃でした。

f0191927_21452733.jpg

f0191927_2264563.jpg


  植え方の説明と
  場所を聞いて
  いざ、出発です

以前の教訓が生かされて今回はビニール袋に入った水も用意されていました。
各々が苗木5本と水5袋を持って溶岩台地に入ります。

f0191927_2220547.jpgf0191927_22213660.jpg

f0191927_22161893.jpg

手前の方はすでに植樹済みが多く、やっぱり今回も奥まで入らないと駄目です。
道などは無く黒い溶岩がゴロゴロしていて、足場が悪いです。苗木と水を持って
岩をよじ登る、これが結構大変でした。滑ったりしたら怪我します。
そして植樹の場所を探します。前もって植樹場所には竹の棒が立てられています。

f0191927_22401050.jpg

遠目で見るとなだらかに見えますが・・・あの辺りに行くには右から周る方が
いいか、はた又思い切って下の岩に飛び降りるか、フゥ~ (>_<)

f0191927_22424774.jpg


f0191927_131587.jpg


  苗木を植えて
  根元に水を!
  根付きますように

f0191927_22445941.jpg

今回の植林祭に参加したのは500人程で、高校生や中学生、地元の村の方
デンパサールの赤十字やロータリークラブなどで在住の日本人は60人程でした。
参加者には全員ロゴ入りのポロシャツとお弁当が配られました。植えた苗木は
3,000本、この内、何本根付くんでしょうか・・・果てしのない活動ですが
継続する事が大事なんですね。




[PR]
by lavender_beth | 2010-12-07 18:53 | 日々の生活の綴り
<< いやな予感が・・・! OLAY アンチ・エイジングク... >>