能公演 !


9月2日(木)ウブド王宮にて、辰巳満次郎氏による能公演が催されました。
2008年 ← はコチラ に続いて又、ウブドでお能が観られるなんて嬉しいですね  (≧∪≦*)♪

f0191927_22542567.jpg


  ウブドパレスに
  掛けられた
  公演の垂れ幕

王宮での公演はCDによる神舞の演奏から始まりました。CDでしたが気魄の
こもった音楽で身が引き締まるような感じを受けました。次に羽衣と石橋が
演じられます。

f0191927_23103917.jpgf0191927_23142429.jpgf0191927_23161849.jpg

海辺で木の枝に掛かった衣を拾った漁師に、羽衣を返してもらう為に舞います。
羽衣を着た天女は、美しい舞いを舞いながら天上してゆきます。

f0191927_2351169.jpg

能装束の色と質感が、凄~く美しくて見惚れてしまいました。
そして、面(おもて)が素晴らしかったです。今回の公演で使用した2つの面は
数百年前より伝わっている面だそうです。

f0191927_22505369.jpg

この公演は財団法人日本伝統文化振興財団が主催、東京都文化発信プロジェクト
が助成、日本国デンパサール領事館の後援によるもので、バリ日本語補習授業校
国立ウブド第一高校、プリ・サレンで3日間にわたり上演されました。ちなみに以前
の公演は狂言だったそうです。残念ですが私は観る事が出来ませんでしたが・・・
入場料も無料、観客は外国人やバリ人もいましたが、めったに無い機会ですし
ほとんどが日本人でした。補習校では「船弁慶」のワークショップ、ウブド第一高校
では「高砂」のワークショップも行われたようです。





[PR]
by lavender_beth | 2010-09-03 23:23 | 日々の生活の綴り
<< 雨 潸々 (さんさん)と ! 凛ちゃん、駄目でしょ~! >>