<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

又、ヘリコニアが咲いた!


早いですね~10月になっちゃいました・・・
スタッフのヌラがヘリコニアが咲いたと言いに来ました。いったいどこに? 
大家さんの家の庭で、今年初めて咲いたそうです。Fさん宅のヘリコニアとは
違う種類だと言うので、早速カメラを持って見に行きました。
私って、暇人なもので (笑)

f0191927_20551570.jpg

どこだ、どこだ? 分からな~い!
あっ、ありました、バレの横に1本だけ。 上の方にドカンっと咲いています。
ポスターによると、この品種は カリバエア (Caribaea) のレッド です。
Fさん宅の花よりも大きくて一つの苞が拳大ぐらいあります。
色は赤に近い濃いピンクで、下の方に白い筋がたくさん入っています。
どっしりとして存在感のある花でした ( ^^) _U~~





[PR]
by lavender_beth | 2014-09-30 21:22 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

ジュリアの会 !


ジュリアとは ”Kopi Juria” 、コーヒー豆の名前でフローレス島のマンガライ産の
コーヒーのことです。今年初めて出荷するジュリアの試飲とワークショップに
参加しました。
f0191927_23232316.gif

     こちらはHさんのFBの写真・文の一部を転載させて頂きました。
f0191927_22452391.jpgf0191927_22463370.jpg

ジュリアはマンガライの中でも、高度1,400メートル以上の急峻な斜面でしか
育ちません。根は巨岩を抱きながら深く地中に根を張ります。火山岩のミネラル
豊かで水はけの良いところにしか育たないのです。50~60年経ったジュリアの
木はまるで林のようになっていて、人々は木に登って赤く熟したコーヒーの実を
摘むのです。
f0191927_2325130.gif


初めて飲むジュリア、期待が膨らみますね ( ^^) _U~~
特にジュリアは甘さと香りが際立っていると言われてます。コーヒーを淹れる前に
挽いたばかりの豆が順番にみんなのところに廻ってくるので、香りを嗅ぐ事が
出来ましたが、自分のところに来る前から甘い香りが匂ってきます。クチナシの花
のような香りもします。私はコーヒーに限らず香り系の物が好きなので楽しみ。

f0191927_2343595.jpg

一人分150cc~200ccの湯で、粉の分量が10g、湯の温度は75度~
80度・・・以外と低い温度で淹れるんですね。抽出方法はネル・ドリップです。
試飲してみると、苦みや酸味があまり無く喉越しが良く、その後しばらく喉のあたり
にネットリ感と甘い香りが残ります。ジュリア、美味しかったです。このコーヒーは
どちらかと言うと、お菓子など食せずに単独で飲んだ方が味と香りを楽しめる。

f0191927_1315578.jpg

本日のお買い上げ~! 右からマンデリン、ジュリア、フレンチ・プレスの3種類。
この日はジュリアの他2種類のコーヒーの試飲とM子さんお手製のチーズケーキ
もあり、チョコレート、クッキー、日本からのお土産などの持ち寄りお菓子で
2時間程楽しい時間を過ごしました。




[PR]
by lavender_beth | 2014-09-18 23:06 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

ヘリコニアが満開だー!


枯れた葉や伸びすぎた枝などを切ったり、いつものように庭の手入れをしていて
何気にお隣のFさんの庭を見たら、凄~い、大きなヘリコニアの花が満開。

f0191927_2251756.jpg

丁度池の横でジュプンの木の後ろ側、私の家との間の塀の辺りに植わっている
ので、Fさん宅からだと庭の奥なので見えにくい、私の家からの方がよく見える
位置です。大きな葉がジュプンの木と同じくらいの高さまで伸びていて、花の数を
数えてみたら9本もあった。こんなにたくさん咲いたのは久々だと思います。
大きくて堂々とした花です。見事な咲きっぷりです。先日パヤンガンの植物園で
貰ったポスターによると、品種の名前はワグネリアナ ( Wagneriana )
花というか苞の形がカニの爪みたいな形をしています。

f0191927_2333574.jpg

f0191927_1320559.jpg

残念ながらFさんご夫妻は日本に帰国中、ロンちゃんはお留守番です。
ご主人は数日中にバリに戻って来られるので満開のヘリコニアを見られますが
Yさんが戻ってくるのはまだ先、けっこう長く咲いている花だけど・・・無理かな。




[PR]
by lavender_beth | 2014-09-14 00:48 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

このフルーツは何だろ?


f0191927_21542460.jpg

直径2cmぐらい、ベージュ色をしたコロンとした実が細い枝にたくさん
付いています。皮を剥くと半透明の白っぽい実が出てきます。味はランブータンに
似ています。これは竜眼といって原産地は東南アジアや中国、バリでは レンケン
(Lengkeng) ソープナッツと同じムクロジ科に属し、身近によく見られる
ランブータンやライチーの仲間です。

f0191927_22273018.jpg

半透明の実を食べると中には種が、大きくてしっかりした種でした。深い焦げ茶色
をしていて艶々しています。ビーズみたいでアクセサリーにでもしたいくらい (笑)
艶やかに光って、まさに竜の眼ですね。名前の由来もこんなところからきている
のかも。 捨てるのが惜しいほど綺麗なんですよ。




[PR]
by lavender_beth | 2014-09-09 21:52 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

パヤンガンの植物園・・・!


パヤンガンにある植物園に行って来ました・・・って、パヤンガンに植物園が
ある事すら知りませんでした。「Sukar Bumi」 という個人の持ち物らしいけど
知名度はあまりなく、広い土地にヘリコニアを中心に栽培していて花屋への
卸し、直営店舗などでの販売をしていた所でしたが、行政などを巻き込んで
道が舗装され、園内の整備もされたようです。観光客を意識してかキャンプ場も
あります。今回はその植物園のヘリコニア展示会でした。

f0191927_21432953.jpg

f0191927_22165077.jpg

入口のペンジョールの横に枯れ葉の山が2個?・・・近くで見たら、アラッ!
面を付けた人形だったんですね。 (@_@;)

f0191927_21542578.jpgf0191927_21563255.jpg


f0191927_2234145.jpgf0191927_22431343.jpg

ウパチャラです。いろいろな方の挨拶などもありました。その後昼食のブッフェ。
さて、園内を巡ってへリコニア見学です。

f0191927_2392683.jpg

       ヘリコニアの林の中を行きます。

f0191927_23195082.jpgf0191927_23373731.jpg

f0191927_23142213.jpg

f0191927_23395647.jpgf0191927_23405861.jpg

f0191927_23434927.jpg

お昼御飯も出たし、お土産にはTシャツとヘリコニアのポスターを頂きました。
草姿が下垂性ものがヘリコニアだとばっかり思ってたけど、こうしてポスターを
見ると立性の花もあって種類が多いのに驚きました。

f0191927_23481059.jpg

ヘリコニアは鮮やかな色と個性的な形で、いかにも南国の花といった風情ですね。




[PR]
by lavender_beth | 2014-09-06 22:01 | 日々の生活の綴り | Comments(2)