<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラワ―ル !


ガルンガン前日は penampahan の日です。
朝方からトントン、トントン、まな板の音がしきりに聞こえてきます。
今日のお昼ご飯は大家さんからラワ―ルが届きま~す o(●´ω`●)o

f0191927_4203184.jpg

頂きました~!
ナンカ(ジャックフルーツ)の煮物もあります。私の大好物です。
大家さん宅のラワ―ルはコテコテのバリ料理の味ではなく、辛みも控え目の
薄味でさっぱりしたラワ―ルなので、私にとってはとても食べやすいのです。




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-29 04:32 | バリの行事・お祭り | Comments(0)

スダッ・マラム !


f0191927_16222133.jpg

毎水曜日にプリアタンの花屋さんからスダッ・マラム50本とアングレ(蘭)1本を
届けてもらっています。14日(火)いつものおばさんが封筒を持って来ました。
何か言ってるけど? 解らないので、取りあえず受け取って読んでみたら
イスラムの断食明けに伴って、スダッ・マラムの花の値段が上がるという
お知らせの手紙らしい。10日から23日までは1本900Rpになるようです。 
スダッ・マラムの花はジャワから入って来ます。だからいつも、この時期は
値段が2倍~3倍になるんです。

へ~ぇ、 emoticon-0104-surprised.gif こんな手紙持って来たのは初めてじゃない。
ビラの名前まで印刷されてるし、顧客向けに配ってるんだ。普通の花屋さんとは
思えない仕事ぶり。意外とちゃんとしてるんだ・・・オーナーでも変わったかー (笑)

次の日、いつもの水曜日なのに、いつまで経っても花が来ない !
スタッフに催促の電話を入れてもらい、持って来たけど伝票の金額が・・・
あれ、いつもと同じ? 値上げは?・・・でも、花が20本しかない。文句を
言ったら habis (無くなった) な~んて言うのだ。 値上げの手紙も来たし
いつもの本数を持って来ると思ってたのに  ヾ(・・;)ォィォィ
花が足りないので、又買いに行く事になった。たまに違う花にするのも
気分が変わるし、いいかな~~。




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-22 16:08 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

ジャンゲ―ル ムボルボール !


8月8日(水)APA社のオリジナルツアーに参加して来ました。
バンリの山奥、小さな村ヤン・アピに伝わるオダランの奉納芸能です。
観光用ではないので、めったに見られないサンヒャン(トランス)の神事とか・・・
満月、新月、霊力の強い日にしか行われない、雨天の場合はサンヒャンに
必要とされる精霊が降りてこないとされる為、どうなるか分らないとか・・・

f0191927_21393958.jpg

ウブドを2時半頃出てバンリへと向かいます。幹線道路から山道へと入り車一台が
やっと通れるくらいの細い道を進んで行きます。こんな奥に寺があるんだろうか・・・
4時過ぎに到着、まだ人もあまり来ていません。オダランだと大抵は寺の外には
屋台などが出来ているのですが、周りには何もありません。観光客は私達8人だけです。
まだ日差しもあるのに肌寒いのは、山の方に入った場所のせいか、正装の上にスカーフ
を巻いたり、パーカーを着たりして始まるまで暫く待ちます。ガムランの楽器の前に男達が
其々位置に着き、演奏が始まりました。村の女性達がお供え物を頭に乗せて、お寺に
やって来てはいますが、村人の数がほんとに少ないのです。お寺の飾り付けや
持ってくるお供え物もとても質素です。オダラン特有の煌びやかな印象は無くて
淡々としていました。お坊さんが数人、お寺の前に座りお祈りが始まりました。

バロン、ランダ、ハヌマンがトランスし始めます。介添え役のようなお坊さん自身も
すでにトランスしているようです。その後8人ずつの男女が歌いながら踊る集団舞踊
ジャンゲールが始まり、椰子殻に火が付けられ燃えさかる・・・



次々とトランスに陥り、真っ赤に燃える椰子炭の中に飛び込み、蹴散らし、火を喰らう・・・
驚きの光景が繰り広げられます。お寺のペンジョールをもぎ取る者、傘を振り回す者
境内が騒然となる。
 
一番凄いとこなのに~ぃ、カメラの容量が一杯で撮れないのだ~~ (ノ◇≦。)
どうしよう、焦る、焦る!  前に撮ったのを早く、早く、消さなくちゃー。

こちらがその時の動画です。Y さんから借りました。


ジャンゲ―ルの唄はわりと単調で童謡のような感じがします。見ている村人の中
女性陣からも唄声が聞こえてきました。何人かが一緒に唄ってます。若い時に
ジャンゲ―ルを唄い踊った事があるのかも知れませんね。今回のジャンゲ―ル
でのトランスは男性だけでしたが、女性も椰子炭を蹴散らしトランスする光景が
見られるそうです。まさに神事ですね。こんなサンヒャン(トランス)は初めて見ました。
「APA ?情報センター」ならではのツアーでした。




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-20 12:48 | バリの行事・お祭り | Comments(2)

インドネシア独立記念日 !


8月17日はインドネシアの独立記念日です。
随分前から赤と白の国旗が町中に溢れていました。インドネシアの国旗は
上に赤、下に白を配した横二色旗で、赤は勇気と情熱を、白は真実と聖なる心を
あらわしています。日本と同じように赤白の2色で、子供でもすぐに書けますね。
ウブドでもモンキーフォレストのサッカー場で記念式典があった様です。

f0191927_23465184.jpg

         Hari Kemerdekaan Indonesia 2012

  グーグルのロゴがインドネシア独立記念日になってる   emoticon-0128-hi.gifemoticon-0137-clapping.gif





[PR]
by lavender_beth | 2012-08-17 23:51 | バリの行事・お祭り | Comments(0)

仏教の三聖樹・・・!


何の書類だったか、宗教と言う欄があって・・・日本だと日常的な書類に宗教まで
書く事はめったに無いけど、こちらでは時々あるんです。
一応は仏教かな~普段は何もしてないし、胸張って仏教ですとは言い難い。
その欄には buddha と書きましたが、不信心なもので m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・    

f0191927_22505239.jpg

          やがて闇 光とどめる 沙羅の花

沙羅という漢字が好きだったので俳句に使ってみました・・・祇園精舎の鐘の声
諸行 無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・
沙羅双樹はインド原産の熱帯樹の為、日本では育たないようです。平家物語に
登場する沙羅双樹は、白い「ナツツバキ」の事とか。

沙羅双樹とは仏教でのお釈迦様にまつわる3つの植物、三聖樹の中のひとつ。
仏教にまつわる花は極楽浄土に咲く、蓮の花だけしか知りませんでした。
     無憂樹   釈迦の母である摩耶夫人が花盛りの無憂樹の木から
               花を一枝折ろうとした時、左脇腹からお釈迦様が生まれた。
     菩提樹   お釈迦様が悟りを開いたところにあった。
     沙羅双樹  お釈迦様が涅槃の時に香り高く咲いたといわれる。
成程、仏教の三聖樹ですか。ほんとに不勉強で m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・  

菩提樹で思い出しましたが、ルドラクシャと呼ばれる菩提樹の実を使った
パワーストーンのブレスレットを持っています。

f0191927_2144103.jpg


  茶色いゴツゴツの実
  数珠っぽく見えます。
  付けていると、何となく
  落ち着きます。

ルドラクシャはただ単に好きなだけでしたが、仏教の三聖樹と解ったし
心静かになれるのも納得です。   emoticon-0100-smile.gif 


ルドラクシャについて調べたら、こちらのサイトが詳しい。興味深いですよ
http://www.ganesha.jp/rudraksha.htm 





[PR]
by lavender_beth | 2012-08-16 23:24 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

ジャティルイとスバック博物館を見る !


今年6月にユネスコ世界文化遺産に認定されたバリ島の棚田はタマン・アユン寺院を
含む19,500ヘクタールに及ぶ、スバックに関連した5つの棚田地域です。

f0191927_1445446.jpg

単に棚田の景観としてではなく、1,000年以上も前から続いているSbak(スバック)と
呼ばれる共同体組織で行われている水利システムによる棚田地域の文化的景観
として、登録されました。

  バトゥール湖
  ウルン・ダヌ・バトゥール寺院
  ペクリサン川流域のスバック(棚田)の景観
  バトゥカウ山保護地区スバック(棚田)の景観
  タマン・アユン寺院

9日(木)、「バリの森を考える会」 ←はコチラ の企画によるタバナンのバトゥカウ
山麓「ジャティルイのライステラスとスバック博物館見る会」 に参加して来ました。
スバックの博物館があるんですね・・・よほど興味がある人しか来ませんね。
スバック(水利組合)はバンジャールとは別に トリヒタカラナというバリ・ヒンドゥーの
哲学的コンセプト、すなわち、神、人、自然の調和をもたらす宇宙観を反映し
共同作業や宗教行事を執り行う組織としても機能しているそうです。
博物館で映画、農機具などの展示物を見て、その後、棚田の見えるレストランで
食事。ジャティルイのスバックの組合長さんが来て話をしてくれたり、質問にも
答えてくれました。この地域は7つのスバックがあって、其々のスバックごとに
400人程が属しているそうですよ。

f0191927_1559379.jpgf0191927_160199.jpg

ジャティルイは山麓の緩やかな斜面から広い谷底まで区画も大き目の棚田が
波を打ったように広がっています。スバック博物館を見てから棚田に来てみると
水がダムや水路を経て広大な棚田の一つ一つまで行き渡っていく様が実感できます。
スバックと共に、いつまでもこの素晴らしい景観が保たれる事を改めて思います。

レストランの駐車場で記念撮影で~す。
f0191927_17231489.jpg


ジャティルイに来るのは今回も含めて2回目なのですが・・・
緑の絨毯を敷き詰めた様な棚田! とか、頭を垂れる稲穂の波がうねる棚田!
そういう時期に、なかなか行き当たらないのが残念~ (´A`。)




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-14 13:41 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

凛ちゃん、見てごらん !


f0191927_23453263.jpg

          凛子さ~ん、そこでゴロンゴロンしないで~!
          ン、ニャ・・・

f0191927_23555232.jpg

          ホラホラ、見て、これ何だろね~!
          ?、臭いは~・・・ムニュ
          
          面白いインゲン、グルット回ってま~す。
          凛ちゃんは食べられないね。 

f0191927_064832.jpg

          やっぱり、そうなるかー! 

f0191927_041691.jpg

          ニャー!
         転がしてー、追いかけるんだニャー!


          コラ! 食べ物で遊ばないの~~emoticon-0146-punch.gifemoticon-0121-angry.gif
f0191927_0311554.gif




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-13 23:43 | バリ猫凛子&於菟 | Comments(2)

トッケー、トッケー !


昨日の夜はベッドに入っても、眠れなくて~姿勢を変えたりゴロゴロと
動き回ってました。いつも私に寄りかかって眠る凛ちゃんも、私が動くので
落ち着かない様子です。2時前後でしょうか、トッケーが鳴き始めました。
けたたましい鳴き声の後、お馴染みのあの鳴き声です。トッケー、トッケー
この子は多分5~6回かな・・・いつもの癖で数えてしまいます (笑)
暫くすると又違うトッケーが、今夜はやけにトッケーが鳴きます。
4~5匹は鳴いていたような、それぞれ鳴き声が違うのが面白い。
8回ぐらいは鳴きます。やっぱり10回ぐらは鳴いてもらわにゃ (o´Д`)=з
始めのけたたましい鳴き声が無くて、いきなり鳴き始めたトッケーが
9回、10回、11回って、凄いじゃないですか、12回目は力尽きたのかー
小声になっちゃた・・・これで終わりかと思いきや、声が復活して13回
14回、凄い凄いです。15回、16回まで
鳴きましたよ。やったーー!
ひゃ~、16回 なんて、初めて聞きました emoticon-0165-muscle.gifemoticon-0104-surprised.gif
 
益々、眠れなくなった・・・

トッケイ、トッケイ、トッケイ !   ←はコチラ
         


[PR]
by lavender_beth | 2012-08-04 12:20 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

アタの雑貨 !


先日、バリに来た友達と一緒にクタ方面へ買いものに行きました。泊ったホテルで
手配した車だったので、ウブドへの帰り道に運転手さんが連れて行ってくれたのが
ロットンドにあるアタのカゴや雑貨を扱っている所でした。

f0191927_15455450.jpgf0191927_1547426.jpg

通りには 「BALI HANDY」 の案内が出ています。アタ・バスケット・ファクトリィと
書いてあるので、アタの工場なのでしょうか・・・細い道を入ると奥は意外に広い
アタ製品が展示されている店があり、隣ではアタ製品の作成もしているようです。

f0191927_1551380.jpg

私はツーリストの頃からアタが大好きで、アタの匂いを嗅いではバリを思い出したりで
自分用やお土産にと、来る度に必ず何か買って帰るのが常でしたが、ウブドの近くに
こんな所があるなんて知りませんでした。ここの商品は凄く綺麗です。パサ―ルや
近所の店の商品と比べるとデザインも垢ぬけているし、編み方も整っていて作りも
しっかりしています。一級品と言ってもいいくらい。

f0191927_220629.jpg

f0191927_2205025.jpg

アタ製品は一時期よりも人気が落ちて来ているようですが、バッグ類などは
あまり見かけないデザインの物がたくさんありました。後で聞いたのですが
ここは「アシタバ」の工場だそうです。素敵な商品ばかり揃っているはずです。
値段も少々お高いですが、交渉次第で少しぐらいは負けてくれます。




[PR]
by lavender_beth | 2012-08-01 15:51 | バリで買う | Comments(0)