<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ジャワ島 ブロモ山へ (其の二)!


3時半のモーニングコールで起きてみると、外は暗いし寒い!
山頂はもっと寒いと事前に聞いていたので、Tシャツや長袖シャツ、パーカー
とにかく重ね着してその上にジャケットを羽織ります。スパッツ、パンツ、ソックス
マフラー、手袋と冬の服装です。前日に予約していたジープに乗り込みます。

登山道の入り口で入山料を支払い、カルデラ全体を見渡せるプナンジャカン山の
ビューポイントまでジープで登ります。ジープを降りると展望台までの道には
手袋や帽子、マフラーを売っている店やワルンなどが並んでいます。この辺りで
防寒用のコートを借りる事もできます。まだ薄暗く靄がかかっていましたが
展望台にはすでに、たくさんの人が日の出を待っていました。

f0191927_2255969.jpg



  日の出前の
  カルデラ


f0191927_2133158.jpg

  雲が切れて
  日が差しこみ
  オレンジ色に
  染まります。

f0191927_0531027.jpg

カルデラの中にも光が差して、内輪山がくっきり現れました。
ひときわ高く聳えるのはジャワ島の最高峰スメル山 (3,690m)です。
噴煙が湧き上がっている岩山が聖山ブロモ (2,382m)です。

f0191927_056660.jpg


ジープに乗って、いよいよカルデラに降ります (≧∪≦*)♪
右側の方向から回り込んでバトゥク山の後ろのブロモ山へとカルデラの中を
走り、草地の途切れる辺りで今度は馬に乗り換えます。

f0191927_165161.jpg



  カルデラの中
  砂地の草原


f0191927_1171134.jpg



  テングル族の
  馬引き達が
  ズラリと客を
  待っている。


f0191927_14405773.jpg


ジープを降りてブロモ山の階段まではそれほど遠くないので歩いてもいけますが
折角の機会です馬に乗ります。ポーニーでしょうか・・・みんな小さな馬達です。
階段の下辺りで待っていてくれます。帰りは下りなので歩いてもよかったけど
やっぱり馬に乗っちゃいました。

f0191927_14105537.jpg


275段の階段を登ると山頂です。硫黄の臭いが漂い、火口から噴煙が
上がっていました。山頂でテングル族の花売りから花束を幾つか買って
みんなでお祈りして、火口を目がけて花を投げ入れました。

f0191927_14552569.jpgf0191927_14563654.jpg

花束がとても綺麗でした。白い小さな花はエーデルワイスだそうです。
南国でエーデルワイスの名前を聞くなんて・・・ emoticon-0155-flower.gif

不思議な気がしましたが、やはりここは山岳地帯なんですね。 




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-31 00:11 | 日々の生活の綴り | Comments(2)

ジャワ島 ブロモ山へ (其の一)!


雄大な景色でしょう~月のクレータを見てるようで感動します!
朝日が昇るにつれて、山襞が濃く刻まれてゆきます。
f0191927_2351525.jpg

24日~26日、陶芸の先生や仲間と一緒に2泊3日の旅行です。
” ジャワ島プロモ山に行って、御来光を見よう ” ツアー 彡☆

午前8時、車でウブドを出発して一路、フェリー乗り場を目指します。
タバナンを抜けヌガラを通り、昼頃に到着。ここからはジャワ島が
見えていて、約30分ぐらいアッと言う間に着いてしまいます。
 
f0191927_20455875.jpgf0191927_20471925.jpg

予定では車で4~5時間で行ける高原ホテルの IJEN Resortに
泊まるはずが部屋がとれていなくて・・・ ガーン!!
予定変更です。このままブロモまで突っ走って、明日泊まる予定の
Bromo Cottage に向かってひたすら走ります ^^;
ここから先が、遠~い、遠~い・・・着くのは夜になるでしょう。
真直ぐに伸びた道路をひた走ります!両側は広大な稲作地帯です。
大きくて綺麗なガソリンスタンドが随所にあって、トイレ休憩にも
事かきません。同じインドネシアでもバリとは一味違う街並みで
イスラムのモスクがひときわ目立ちます。どれも真新しく立派
なんです。木陰では数台のベチャが客待ちしていて、特に観光用
ではなく、日常的に利用されているようです。

f0191927_2057869.jpg


あれ、線路が見えます。道路と並行してます。
ジャワ島には電車が走ってるんですね。でも電車が走ってない・・・

f0191927_2031715.jpg


なんか・・・
レールの間隔が
すごく狭いっ !

f0191927_20491018.jpg



ワーーイッ!
電車が来た~~

走ってる電車の写真撮れました。バリにいると電車が珍しい (笑)
幹線道路なので、ほとんど積載荷重オーバーの大型トラックが
引切り無しに走っていて事故も多いようです。道路脇にゴロンと横倒しに
なって、積荷が外に散らばっていたり、車軸が折れたりしたトラック
なども見かけました。ホテルに着くまで、渋滞でかなり時間をロスして
いるのに道に迷ったりして、ホテルのレストランが開いている間に
着けるのでしょうか、夕飯にありつけるのか~ゥヮ―。゚(PД`q*)゚。―ン
幹線道路からそれて、ブロモ方面に向かいます。こんどは右に左に
カーブする登り坂を行きます。随分登った感じがあるのに道路脇
には民家がたくさんあり、遥か上の方にはホテル群の灯りが
煌々と灯っています。こんな山頂付近なのに賑やかな感じで
びっくりしました。 8時頃、無事 Bromo Cottage 到着です。

明日は午前3時半のモーニングコールで起こされます。そして
4時にホテルを出発です。ジープで外輪山プナンジャカンの
展望台を目指します !





[PR]
by lavender_beth | 2010-05-28 20:00 | 日々の生活の綴り | Comments(0)

ワヤン・クリッツ (影絵芝居) !


クニンガンの夜、ぺジェン近くのサッカー場で、9時頃から
ワヤン・クリッツが上演されると聞き、行って来ました。
サッカー場にはバイクや車がたくさん駐車していて、その向こうに
何やら建物が、ワヤン・クリッツは何処でやってるのかな~・・・

f0191927_21454142.jpg



こちらが入り口
入場料5,000Rp


建物の中は出店です。靴やサンダル、Tシャツなどの店が並んでいます。
うねうねとした通路を抜けて外にでると、サッカー場です。
右側にワヤン・クリッツの画面があり、まだ始まってないのに、たくさんの
人が地べたに座って待っています。

f0191927_21521998.jpgf0191927_21535268.jpg


f0191927_21555761.jpg


小さな
移動遊園地
もあります。


影絵の繊細なシルエットはいいのですが、どうも画面が小さいし
興味が湧かず、いままで特に観たいと思わず敬遠ぎみでした。
今晩のワヤン・クリッツは有名な人がやるので、クニンガンで
のんびり気分のバリ人達も、家族連れで大勢観に来ていました。

f0191927_2134431.jpg

f0191927_213641.jpg


ワヤン・クリッツは一人で何体もの人形を動かし、語りも同時に
行うそうです。前後左右に動きまわり、赤や緑のライトが点いたり
煙がボワッと上がったり迫力もあって、ガムランの音としゃべりに
引き込まれました。2体の人形が出て来て、漫才のような間合いで
しゃべります。人形の口の動きとしゃべりが合っていて、絶妙な
テンポなんです。そのしゃべりを聞いて、周りのバリ人達から
クスクスと笑いが起こり、子供達まで笑っています。
きっと面白い事を言っているんでしょうね~  (*^□^*)
言葉は解りませんが楽しさが伝わってきて、いつのまにか
遠くの小さな画面に見入っていました。 
観に来てよかった!  ワヤン・クリッツに目覚めました。



    
[PR]
by lavender_beth | 2010-05-27 22:28 | バリの行事・お祭り | Comments(0)

バリ島限定のマグカップ !


先日クタ方面に出かけた折、スターバックスで地域限定マグや
タンブラーがどんな物かを見てみようという事になって寄ってみました。
ブラウンでシックな色だったし、いつもの買い物癖が出てしまい
買ってしまいました  (*´ェ`*)ポッ


f0191927_16295343.jpg


 こちらが
 前面のデザイン
 直径9cm
 高さ10cmの
 大ぶりカップ

f0191927_16341225.jpg


 後ろ側のデザイン
 カップの中は
 ブラウンカラー

スターバックスの地域限定のタンブラーやマグはコレクターさんも
いるみたいですね。マグが3種類で、私が買ったデザインとグリーンの
バロンに B A L I の文字が入っていました。デミタスカップの文字は
バリとインドネシアのは2個セットになっていました。値段は高いですが
お土産にしてもいいですね。110,000RP で飲み物がフリーで付きます。





[PR]
by lavender_beth | 2010-05-22 16:38 | バリで買う | Comments(0)

ハンター凛子 !


いつも元気な凛ちゃんですが、すごい勢いで家に駆け込んで来る時は
必ず何か獲物を銜えてるんです  ヤダ(´;д;`)ヤダ
すぐに凛を抑えて、バッタとか・・・羽が破れた蝶々とか・・・を
塵取りに乗せて庭の向こうのプールの方に放って逃がします。

f0191927_12271064.jpg


凛ちゃん、いろんな物、持ってこないで~!

ウニャー! 凛の腕前、凄いでしょ~!  emoticon-0165-muscle.gif

ハイハイ、分かりましたよ。 でも私は見たくないの!!

エーッ、だって捕まえたの見せたいんだニャー!


★ある日の凛ちゃん狩猟の結果=== トンボ1匹、バッタ2匹  
 トンボはすでに頭は食べてました。バリで見るバッタは胴回りも太くて
 デカイんです。初めて見た時は恐ろしくて逃げ出しましたよ(笑)
 バッタって凄い距離を飛ぶんですね~、外に放投げたら一気に
 10mぐらい飛んで行きました。

★ある日の凛ちゃん狩猟の結果=== バッタ1匹、蝶々1匹、鳥1羽
 トンボ、バッタ、蝶々は分かります・・・でも鳥って・・・
 凛ちゃん、いったい何処から持って来たの! 黒っぽくて小さい鳥で
 すでに死んでいました。どこかに落ちていたのでしょうね。

f0191927_14591687.gif




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-21 12:27 | バリ猫凛子&於菟 | Comments(2)

アイスクリームを食べる !


王宮前からJL.モンキーフォレストに入って左側に、ピンク色の看板が
出ている店があります。 イタリアンジェラートの店で、入り口には
テーブルと椅子もあるので、暑くて一休みしたい時などに便利です。

f0191927_21261987.jpg


  少し値段が高い
  でも美味しい 。
  emoticon-0144-nod.gif

f0191927_2128219.jpg


美味しいはずです! このジェラートは南部エリアにあるイタリアンレストラン
”マッシモ ” のジェラートなんです。カップとコーンがあります。
私はビスケットみたいなポリポリとした食感のコーンが好きで~す (^^♪





[PR]
by lavender_beth | 2010-05-18 21:34 | 日々の生活の綴り | Comments(2)

ガルンガンのペンジョール !


ガルンガン当日、昼頃から降りだした雨が、小1時間で止んだので
センターウブドまで、ジャラン・ジャランしてみました。
いつもながらJL.スゥエタのペンジョールは素晴らしいですね。
他のペンジョールに比べて長~い竹が特別に高くて、先がしなって
そこから下がっている飾りも長く、立ち姿に風情があります。
JL.スゥエタのペンジョールはコチラから⇒マニス・ガルンガン

f0191927_12531358.jpg


f0191927_139104.jpg


竹に巻く布も赤や黒、それに紫なんてのもあるんです。
根元のところが緑色の葉をびっしり使っていて、その下にも
飾りが施されて、美しい~!

f0191927_13104163.jpg


 ペンジョールの下にある
 お供え物を置くところです。
 周りに付けた橙色の花と
 ピンクの丸いボンボンが
 とってもラブリーですね (^^♪

JL.スゥエタも見ごたえありますが、こちらを見て下さい。
ここはいつも凝ったペンジョールを立てるんです。
根元の装飾が・・・ワーッ、 鳥、鳥が~!! 
上には扇のようなのが、何だかわかりませんが、広がっています!
凄い、凝ってますね~・・・しばらく眺めてました (笑)

f0191927_1836126.jpg

f0191927_18515263.jpg



 こちらが正面
 羽の細工も
 憎いです。
 素人じゃない・・・?


こちらも凄いですよ~!

f0191927_21512264.jpg




 これは何でしょう
 龍の頭のような・・・
 誰が見ても分かります
 とにかくお金が掛かってる!

このユニークな二つのペンジョールはJL.ラヤ・アンドンにあります。
次はいったいどんな物を作るんでしょうか、勝手ですが期待しますよね。
ご近所にあるので、前を通る度に感心させられます ^^;

私が住んでいるビラのペンジョールはいたって普通ですが
今年はとっても綺麗です。竹には赤い布を巻き付け、ピンクの
小さな飾りも可愛いです。稲穂もたくさん付けて、垂れ下がる部分も
ヒラヒラといつもやより長くなってます (*^^)v


f0191927_12411354.jpg


 二人の若いスタッフが
 半日かけて、楽しそうに
 細工してました。


傍で見ていて、一緒に作りたかったけど、残念ながら
ペンジョール作りは、バリでは男の仕事なんです emoticon-0146-punch.gif




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-15 00:59 | バリの行事・お祭り | Comments(0)

バリの果物 !


この果物はジャンブー、英語名を ウォーターアップルWater apple
と言います。食べてみると納得する名前なんですよ o(`・д・´)o

f0191927_22719100.jpg




  ほんのり
  ピンク色です。

f0191927_2222421.jpg



  小さな実を
  沢山つけます。

こんな風に木に生っています。色が可愛いですよね~
かじるとシャリ、シャリとした歯触りが、林檎と梨の中間ぐらいで
味はほとんどありません・・・水分が多くて、少~し酸味があるかな
果肉は真っ白で、中には種が2~3個入っています。まさに
Water apple なんです。バリの子供達も皆好きなんですって!


f0191927_22393675.jpgf0191927_22411862.jpg

これはタマリロという果物、英語名はツリートマト tree tomato
オーガニックマーケットで買いましたが、今がシーズンなのでしょうか
デルタでも売ってました。紡錘形で真っ赤な実が艶やかです。
普通はジュースなどにして飲むらしいのですが、このままスプーンで
実をすくって食べても美味しいですよ。果肉は柿色をしていて、黒っぽい
小さな種がいっぱい詰まってます。種ごとたべられます。
味はトマト! まさに tree tomato ですね (笑)

英語名って、その物をよく表していて面白いですね~  emoticon-0128-hi.gif




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-12 23:00 | 日々の生活の綴り | Comments(2)

ガルンガン前日!


明日はいよいよガルンガンです。
当日までの様々な準備で、この時期バリ人は誰もが気もそぞろ
忙しさに追われています。
  この前の ガルンガン前日! は ⇒コチラから

そして私の楽しみは、お昼頃に届くラワールです
10時半頃、知人から出来たてのラワールが届きました。
同じように見えるけど、これは4種類あるみたいです。
ご飯とまぜまぜして食べると美味しそうです。
「お昼頃になっちゃうと酸っぱくなるので、早目に食べて下さいね」 !
と言われて、慌てて取りあえず冷蔵庫に入れました (笑)

f0191927_02405.jpg

  野菜もいろいろ
  ゴーヤも
  入ってました。


そして、こちらは大家さん持って来てくれたものです。

f0191927_0101555.jpg


  インゲンを使った
  いつものラワール
  2種類のアヤム

ご飯を食べすぎてしまいそうです。 ごちそう様で~す  (*^□^*)




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-11 17:58 | バリの行事・お祭り | Comments(2)

サムワン・ティガのオダラン !


ゴア・ガジャの先ブドゥルにあるサムワン・ティガ寺院では
先月28日から今月の8日までオダランがありました。
木曜日の夜、お隣さんと一緒にサムワン・ティガに行って来ました。

f0191927_2318888.jpg



  ブサキ寺院につぐ程の
  大きなお寺には
  たくさんの人々が
  近隣からもお参りに
  やってくるそうです。

入り口から真直ぐ続く道、いわゆるお寺の参道でしょうか
両側には露天が並び、ワルンもたくさんが出ています。

f0191927_23232653.jpg



  今夜は
  露天の数が
  少ないような
  気がします。

f0191927_23215036.jpgf0191927_11471463.jpg

参道入り口付近には参拝客の為にチャナンや線香を売っている店が
何件かありました。正装の可愛い子供達も ハイ、ポーズ!(*^^)v
お寺の境内に入ると、ガムランの音や声が聞こえて来ました。
つられて建物の中に入ると、舞台ではラーマヤーナの様な・・・?
演目が始まっていました。

f0191927_11564960.jpg

f0191927_1158359.jpg




  主役の女性が
  とても綺麗!

表に出て幾つかのお寺を見て、もう少し奥まで行ってみましょう。
道端に並んでいるのは、サテー屋さんです。1軒、2軒・・・・
数えたら10軒も並んでいました (驚)

f0191927_1215255.jpg

お寺の中では、たくさんの人々が座っています。
お参りの待ち時間は1時間でも2時間でも平気みたいですね。

f0191927_12103475.jpg

f0191927_12123112.jpgf0191927_12133878.jpg

このお寺、お参りに来ている人々の中に若いカップルをたくさん見かけました。
片手にチャナンと線香を持って、手をつないで楽しそうに参道を行く二人連れが
多いんです。

    このお寺、縁結び的な事もあるみたいです  emoticon-0115-inlove.gif




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-09 15:32 | バリの行事・お祭り | Comments(4)