<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

太極拳・ in Singaraja ! (其の一)


f0191927_155840.jpg

9月5日(土)・6日(日)にシンガラジャで太極拳の競技会があります。
デワンガ・タイチー・ウブドも参加する事になり、先生張りきってます。
先生が出るのを応援に、そんな軽い気持ちでいたのに全員出るような
話に進んでしまい、シンガラジャってウブドから2~3時間かかるけど・・・
泊まりがけで皆一緒に行きましょう。泊まりはロビナ辺りで~と
決まりました。先生は42式とキパス(扇子)の演技、メンバーはというと
24式を踊りますが1人で演技するのが2組、3人が2組、4人が1組
になりそうです。まあ~参加することに意義があるので・・・とは云え
緊張します~ ドキッドキッ (-_-;)

練習用のユニフォームはありますが、競技会に出るのでこの際
シャラシャラのチャイナ服みたいなユニフォームも作ったんです(笑)
f0191927_1582426.jpg

黒のユニフォームを着たメガさんの息子さん!
彼は小さい時から太極拳をやってるので、上手で動きが美しいんです。
このユニフォームは1人で演技する先生とメガさんの息子さんだけです。
団体戦のわたし達はベージュのユニフォームです。
いくら地模様が入ってもベージュは地味でしょう・・・って言ってたんですが
黒地に金の縁取りを入れたら、ムムッ! 出来そうに見える。
これが又、着ると以外にいいんですよ。ピカピカのサテン地は安っぽく
見えるしカンフーみたいになるので、この生地で良かったみたいです。
でも、出来上がりが心配でした、パジャマみたいになりそうで (笑)




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-31 13:42 | 太 極 拳

Fish Pond Cafe!


f0191927_21483066.jpgf0191927_21502776.jpg


最近、変わりつつあるプンゴセカン界隈です。
アグン・ラカの隣にフィッシュポンドカフェというレストランがあります。
Casa Ganesha Hotel のレストランですが、あまりお客さんが
入っていません。たしか~今年始め頃だったような・・・
オープンしたてのレストランに入りましたが、美味しくなかったので
それっきり忘れてました。

最近、このレストランでウパチャラをしていたので、てっきり新しく
中華レストランがオープンしたと思った友達が、食べに行ったんです。
そしたら手頃な値段だし、美味しかったと教えてくれました。

行ってみて分かったのですが、新しいレストランではなく、いままでの
メニューの他に中華料理も始めたんです!中華のメニューは別にあるし
入口にはチャイニーズシーフードの真赤な看板も出てます。
ウブドで中華料理の美味しい店って・・・ないんですよ。
ここはお勧めで~す (*^^)v どれも薄味でなかなかでした。
もう三回も食べに行っちゃいましたよ(笑)
 
f0191927_2315566.jpgf0191927_23165444.jpg

フライドライス   25,000Rp  フィッシュスチームソヤソース 35,000Rp
ブロッコリーアーモンド 25,000Rp        スチーム豆腐 27,000Rp

f0191927_1421854.jpgf0191927_0154424.jpg

f0191927_1463930.jpgf0191927_1484351.jpg

Szechuan Soup 36,000Rp        チーズワンタン 18,000Rp
しゅうまい     18,000Rp          えび     55,000Rp

f0191927_24968.jpgf0191927_253336.jpg

f0191927_2242093.jpgf0191927_2252431.jpg

料理はミディアムとラージサイズがありますが、私達は3~4人で
Mサイズで種類を多く注文、ナシプティとチャイニーズティで
頂きました。どの料理も美味しかった!
これなら中華料理を食べにデンパサールまで行かずに (●^o^●)



[PR]
by lavender_beth | 2009-08-29 23:22 | バリで食べる

テガララン街道・ラタン家具の店!


私はレンタルハウスに住んでいますが、自分好みの部屋にする為に足りない
家具を探しながら、テガララン方面へとよく散歩します。

f0191927_22253574.jpg




  すごく
  軽いんです。

この通り沿い(テガララン・オレオレ街道) ←はコチラ  にも数件のラタンショップ
があります。昔からラタンは好きで、日本にいる頃も使っていたのですが・・・
よく見たら、これは~ちょっと違うようです。それに値段安いし、素材を
聞いたらプラスティックラタンだって!

f0191927_22325154.jpg



  プラスティック
  ならではの色

バリは年間を通して蒸し暑いし、湿気もあります。
ラタンの家具はカビが生えると聞いた事もありますし、テラスや半屋外に
置く家具としては最適なのかも。雨に濡れても大丈夫、軽いし移動も楽だし
実用性を重視すればプラスティックラタンが流行るのも頷けます。渋いグリーンや
ブラウン、クリーム、グレーなどのシックな色合いも今までになく斬新な感じもします。

が~しかし ですよね。
やっぱりナチュラルな籐で編んだ家具がいいです!




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-28 23:00 | テガララン街道

庭の手入れは楽しい!


一年中暑いバリ、植物も育ちが早いです。
ジュプンもブーゲンビリアもハイビスカスも一年に何度も花をつけ
私達の目を楽しませてくれます。日本でよく見かける観葉植物の
葉物の種類もこちらでは沢山あります。
バリに住んで1年が経ち、そろそろ庭の方が気になってきました。
朝食の後、歯磨きしながら庭の植物を見廻るのが、日課で
枯れた葉を取り除いて、ジョウロで水を撒いたり、日々成長するのを
見ていると、本当に癒されるんです (●^o^●)

マスの道路沿いには、サヌールほどではないけど植木屋さんが
たくさんあります。

f0191927_23543293.jpg


  あしげく通ってる
  植木屋さ~ん!
  同じ様な店が
  2軒並んでます。


f0191927_23563936.jpg



  どれもみんな
  驚くほど安価!


最近、お隣さんと一緒に少しずつ庭の改造を試みています。
古く硬くなっている庭土を入れ替えて、植木を買い足しています。

f0191927_23254055.jpg


  これは家の西側
  一鉢が
  2,000Rpです。

10鉢ずつ買っても四百円の世界です! テラス前の庭も、只今改造中で~す (^_-)-☆

日本に比べると、植物がとても安く手に入るのは、嬉しいかぎりです。
ほんとはネ、トラックで買いに行きたいんだけど (爆)
ちなみに切り花も安いです。毎週花屋さんからデリバリーしてもらって
スダッマラン20本、デンドロビウム1本で 合計15,000Rp 也




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-26 00:23 | 日々の生活の綴り

日本・インドネシア交流コンサート!


8月19日(水)国立ウブド第1高等学校講堂で行われた
コンサート 「日本の歌曲とガムラン」 という催しに行ってきました。

f0191927_0233421.jpgf0191927_025274.jpg

観客は外国語に日本語を選択している2,3年生と職員、在住の日本人
インドネシア人など約200人程です。

f0191927_0191642.jpgf0191927_0203588.jpg

同校3年生による歓迎のガムラン演奏で始まりました。
これが又、いつものガムランとは一味違う演奏で、両脇にいる数人が ベニヤ板
ブリキ板 を持って、それを両手で前後に震わせます。この音がいいんです。
目からウロコ 彡☆ 強弱をつけて音を出すと、まるで嵐の中、吹きすさぶ風のよう
にも聞こえて、ガムランの演奏に巾と奥行を増してゆきます。
加えて、スモールビンタンの 空ビン をブォ~~ブォと吹きならします。
なんで舞台にビール瓶が置いてあるの?・・・って、これで納得です(笑)

いつもは年配のおじさん達が演奏してるガムランばっかりなのに
今日はフレッシュな高校生男子の演奏で、耳と目で楽しめました (^^♪

そして、日本の声楽家が主宰するポコ・ア・ポコ・ミュージック・クラブ
(苅谷哲郎代表)のメンバーによる日本の歌が始まりました。

f0191927_23324111.jpg
  
  
  待ちぼうけ
  平城山
  浜辺の歌
  落ち葉のように
  夏の思い出


さくらさくら、宵待ち草、かやの木山の、お猿のかごや、あのここのこ
荒城の月など久しぶりに聞く日本の歌です。
それも、今どきの詞ではなく、美しい日本語の歌を!

f0191927_23232821.jpg


  苅谷ご夫妻の
  本格的な歌唱に
  会場からは
  大きな拍手が!

f0191927_0175922.jpgf0191927_0204573.jpg

女生徒が歌ったのはクロンチョンというジャンルの唄です。
ビートがきいた曲と美しい自然を謡ったゆったりした曲でした。

f0191927_23434975.jpg

最後は「花」と 「ブンガワンソロ」を会場と出演者全員で合唱しました。
会場の生徒さん達には、この日歌われるすべての歌詞がひらがなとローマ字で
書かれたプリントが、前もって配られていたようです。

間に10分の休憩をはさんで2時間ほどの公演でした。
ピアノの連弾などもあって、私達在住者にとっても日本の良さが、しみじみと感じられ
楽しいひと時を過ごしました。





[PR]
by lavender_beth | 2009-08-21 23:38 | 日々の生活の綴り

The Pond !


f0191927_0373190.jpg



  The Pond

  JL.Raya
  Pengosekan
  (0361)970333

様変わりしつつあるプンゴセカンエリアに、先週の土曜日から又新しいレストラン
” ザ・ポンド ” がオープンしました。
欧米人に人気の プンディ・プンディ の隣に、蓮池を挟んでレストランが2軒並びました。
店内も広くライスフィールドビュー (*^^)v

工事中の建物の前を通るたびに、何が出来るのか、どんな店なのかが気になって
楽しみにしていたので、オープンして4日目ですが、取りあえず一度は入らないと
話にならないので行って来ました。

f0191927_043046.jpgf0191927_0442182.jpg

入口の両脇に可愛いカエルが立っています。大きいけど持って帰りた~い!(笑)
店内はテーブル間隔も程良く、三方向にテラス席もあって、なかなかお洒落で
雰囲気がある造りです。それに、ウェイターに若い子が多いのもいいですね (爆)

f0191927_163963.jpgf0191927_182194.jpg

ナシゴレンシーフード 38,000Rp     ミーゴレンスペシャル 35,000Rp
チキンカシューナッツ 40,000Rp     シーフードプラッター  40,000Rp

f0191927_1114814.jpgf0191927_1131262.jpg

料理の味は、まあまあでしょうか・・・オープン4日目だしね。
ただ、カンクン炒めが塩が効きすぎて食べられませんでした。料理の種類や
価格帯などでもプンディ・プンディと同じくらいですし、2店舗が競合して
これからの集客がどうなるのか気になるところです。

プンディ・プンディの前にはタイ料理のシャム・サリー (Siam Sally) そして
蓮池を挟んで2つのレストランが出来てプンゴセカン界隈はこれからまだまだ
変わって行くんでしょうね。お洒落な雰囲気になって楽しみでもあるけど・・・
昔のウブドがどんどん無くなってしまうのも、ちょっと淋しくもあって複雑ですね。





[PR]
by lavender_beth | 2009-08-19 01:14 | バリで食べる

今日は鉄の日!


ウブドのメインロードあたりの様子を見ると、今年は観光客が
多いですね。日本人は目立ちませんが、ヨーロッパや
オーストラリアなどの外国人で溢れてます。いつもは閑散と
している低価格のバンガローなどにもお客さんが入っていたり
ワルンやレストランも久しぶりに活気ずいています。

いつもの様にスタッフの掃除が終わり、昼ごはんの支度に
取り掛かった頃、鐘の音が聞こえます。
チリリリリリリリーーン、 チリリリリリリリ・・・
アラ、今日は何かあるのかしら、音のする方に行ってみたら
駐車場にお坊さんが来ていて、お祈りしてます。

f0191927_218346.jpgf0191927_215339.jpg

8月15日は Tumpek Landep(トゥンプッ・ランドゥップ)  鉄の日!
鉄や金属で出来ている物に感謝する日です。
使っている鉄製品や道具に特別なお供えをして、日頃の労をねぎらい
感謝を表す行事です。駐車場では車のボンネットにサロンを掛けて
その上にもお供え物が乗っています。オートバイも飾り付けされ
感謝のお祈りをしているところでした。

f0191927_21192933.jpg


  こちらもたくさん
  お供え物がありますね。

後ろに見える赤白の垂れ幕は鉄の日とは関係ありません。
間近に迫ったインドネシア独立記念日用のものです (笑)

f0191927_21215393.jpg


  すごいですね
  車とバイクが
  店の前にズラッ
  と並んでます。

ウブドの町を歩くと、あちこちで儀礼の風景が見受けられます。
飾り物を付けた車やバイクが行き交う町を、のんびり歩くのは
晴れやかでいいですね (*^^)v




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-15 20:39 | 日々の生活の綴り

タぺ・インジン出来ました!


f0191927_0273784.jpg


  こちらが
  今回作った
  タぺ・インジン

先日、ワヤンさんのお宅に伺って作ったタぺ・インジンを持ち帰りました。
      タぺ・インジンを作るはコチラです。
そして容器の蓋をとってザルか布巾をかぶせて3日間常温で放置すると
発酵して出来上がり。それから冷蔵庫に入れて保存です。

3日後です。
 上の方に酵母が白く残っています。
まだ早いのかしら、もう3日経ってるのに・・・どうなんでしょうか。
下にブレムが溜まっていたので、それを別の容器に移して白く残っている
部分をひっくり返して、もう1日様子をみます。

次の日です。
ウヮ~~! どうしちゃったの・・・ (-_-;)
もっと白くなってる、酵母の白じゃない、ちょっと違うようです。
薄~い幕っぽい物がかかってる。大丈夫かな~・・・
今日で4日目だし、取りあえず冷蔵庫に入れました。
明日ワヤンさんに見せて、聞いてみるつもりです。

翌日、ワヤンさんに見せようと冷蔵庫から出したら、アラ!
白いのが消えて、ちゃんとタぺ・インジンが出来てる~。
ワヤンさん曰く、白くなるのも酵母なので、大丈夫なんですって。
でも発酵食品って難しいですね、どこまでが発酵で、どこからが
腐ってるのかが解りませんね。ともあれ、無事にタぺ・インジンが
出来あがりました (笑)

f0191927_0434322.jpg
  ブレムを水で割って
  レモを絞って~
  ほんのり甘い
  爽やかドリンクです。





[PR]
by lavender_beth | 2009-08-13 17:07 | 日々の生活の綴り

シンコンチップス!


スーパーのお菓子コーナーに行くと、こっち側の棚は全部
ポテトチップス類、な~んて事よくあります。
味もシンプルな塩、バーベキュー、チーズ、オニオン、ガーリック
スライスの形もいろいろです。パッケージだって、子供達が学校の
休み時間にワルンで買い食いしてる小さな袋から大袋入りの物まで
実にたくさんの種類があります。
でも、カロリー高いんですよね~ (>_<) 
食べ始めると途中で止められないし、いつも素通り、敬遠してました。

そんな折、 Epi・Bread ←はコチラ で、このチップスを見かけたんです!
薄くてサクサク!そんなチップスが多い昨今、見るからに頑固な芋。
ジャガイモじゃない・・・さつまいもかな?・・・買ってしまいました。
これがシンコンチップスなんです。Singkong(インドネシア語)は
キャッサバ芋のことで、この澱粉がタピオカの原料なんです。
それに葉も食べられます。ダウンシンコンといってパダン料理に
よくあります。ちょっとほろ苦くて美味しいです。

f0191927_20493412.jpg


  濃いイエロー
  これは 芋!
  主張してます。
  12,000Rp

噛むと バリッバリッ すごい音です。
素朴な芋の味がして、歯ごたえがあって!!
あ~ぁ、シンコンチップス好きかも~ (●^o^●)
でも、噛みごたえがあるので、顎が・・・アゴが疲れるんです(笑)




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-11 21:08 | バリで買う

イカットの工房見学!


f0191927_2345319.jpg

バリ初心者が行くところは、大抵バトウブランでバロンダンスを観て
銀細工のチュルク、マスの木彫り、バティックの工場見学ですか・・・
そこで買うと幾らか値引きはしてくれるものの、ツアー会社のマージンが
含まれてるから結構高かったりするんです。でもそんな事解らないし
個人ではなかなか行けないし、やっぱり買いますよね~。
私も15~16年前は、ご多聞に洩れず、行きましたし買いました(笑)
欲しくて買ったんだし、まあ~授業料みたいなものですね。

先日、知り合いの方の案内で、ギャニアールにあるイカットの工房に
行って来ました。イカットの工房を見るのは初めてなんです。
ダイニングテーブルなどに使うテーブルセンターを何枚か欲しいと
思っていたので、もちろん気に入った物があれば買うつもりで~す。

f0191927_0181034.jpgf0191927_020459.jpg

単色なので経糸でしょうか・・・染め上がった糸が干してありました。
右の糸は地色を染める前の状態です。黒っぽくみえる部分が
防染してあって、白く残ります。

f0191927_022819.jpgf0191927_0233056.jpg

f0191927_15141860.jpgf0191927_15194143.jpg

地色が染まり、防染をとった糸を広げて白く残ったところにピンク、オレンジ
イエローを、棒の様なものに染料を付けて染め込んでいます。 ふ~ん! 
こうやって糸を染めてるんだ。イカットは織る前の段階、防染からここまでの
工程にほんとに手間がかかるんですね。

この工房で織っているイカットは無地の経糸に、柄になる部分の糸に
色を染めた横糸を織ってゆくシングルイカットですね。
同じイカットでもトゥガナンのグリンシンは、経糸と横糸それぞれの糸に
色を染めて織るダブルイカットで、とても技術のいるものなんです。
超高い値段も納得しますね。
右は柄の設計図みたいな物ですね。

f0191927_15254157.jpgf0191927_15273893.jpg

手織り機が並んでいます。1日に織れる長さは3メートルぐらいで
右の機械織りだと手織り機の3~4倍ぐらいは織れるようです。
メモしたけど、その紙を無くしたので数字は少し違うかも・・・m(__)m

f0191927_2331164.jpg


  手織りです。
  この糸を織ると
  綺麗ですね~
  優しい色合いの
  柄が出来ます。


f0191927_15361582.jpgf0191927_15382427.jpg

こちらがショウルームです。サロンやシャツ、クッションカバー、小物入れ
テーブルウエアなど製品になっているのもたくさんありますがメーター単位で
買える生地が展示されているのも嬉しいです。コットンやシルクの薄での生地も
あるので見ているだけでも楽しめます。しっかり目の保養もして来ました。

良心的な値段だったので、丈の長~い暖簾を作る生地とテーブルセンターを
買いました (*^^)v




[PR]
by lavender_beth | 2009-08-09 00:30 | バリで買う