カテゴリ:タイ( 17 )

チェンマイ、その他いろいろ !


チェンマイで出会ったワンコ 016.gif  とニャンコ 016.gif !
ナイトバザールからの帰り道、アヌサーン市場を抜けてホテルまで歩いていた時、通りに面した店の前で飼い主さんに
抱かれて涼んでいたワンコです。カメラを向けると飼い主さんはワンコの後ろに隠れてしまったけど、ワンコはカメラ目線
抱っこされて気持ちがいいのか、嬉しそうに目じりが下がってたよ。

f0191927_2217936.jpg

チェンマイ門近くのプラネッタ・オーガニカという店で、そこで飼われているのか・・・庭をウロウロと歩いていた。
人慣れしてるようで、そばに来て座り込んで、スリスリしたり私の指を甘噛みしてきます。うす汚れているけど
ミルクコーヒー色の毛並みで瞳の色が凄く綺麗! 透き通った水色なんです。可愛くて連れて帰りたくなった (笑)

f0191927_22324439.jpg

こちらはロイ・クラトンのパレードで美しさが際立っていた女性達です。、二人とも凄く綺麗でした。チェンマイの女性は
美人さんが多くて、特にタイ人と中国系との混血が一番綺麗と言われています。

f0191927_22551486.jpg

f0191927_231451.jpgf0191927_2375291.jpg

f0191927_2326332.jpg

サンデーマーケットでダルシマーを弾いていた女の子がいましたが、もう一組ダルシマーを演奏していた子供達がいました。
お化粧して髪も結って、綺麗な衣装も付けて、道路にはゴザを敷いて座って演奏していました。楽器の前には観光客が
置いていったお金も、結構ありました。

f0191927_2359593.jpgf0191927_23373597.jpg

初めてチェンマイに行った時、滞在したチェンマイプラザホテルのロビーで演奏を聞きました。今思うとあの楽器も
ダルシマーだったんですね。とても綺麗な音色です。

f0191927_2346135.jpg

7月にチェンマイを訪れた時に初めて買った、こぶみかんのシャンプーが使い心地がいいので、今度は多めに買うつもりで
したが同じ物が無くて・・・探し周っていたら、オーガニック商品の店があって種類は違いますが、こぶみかんのシャンプー
やリンスがありました。ここでは他にもいろいろ買いました。タイバジル、タイム、ゴッコラ、蝶豆などのハーブティ
炒りゴマ、スリゴマ、チアーシードなどもバリで買うより安かった。

f0191927_1972236.jpg

f0191927_2119254.jpg





[PR]
by lavender_beth | 2016-01-27 00:03 | タイ | Comments(0)

ロイ・クラトン パレード 2015


23日にウブドからチェンマイ入りした4人と合流してタイ料理の 「レモングラス」 で夕食、ナイトバザールのすぐ近くで
相変わらずの順番待ちの人気店です。来る度に少しずつ店が綺麗になってるみたい。その後ナイトバザールをブラブラして
明日はロイ・クラトンのパレードを見ようとターペー門で待ち合わせの約束して別れましたが、当日、ターぺー門は
パレードの出発地点で道路にはパレードの山車が並んでるし、凄い人出でした。待ち合わせの時間になっても探せずに
結局、お互いに誰とも会えずじまいでしたが其々に楽しんでいたようです。

f0191927_22545870.jpgf0191927_23421083.jpg

川に流すクラトン(灯篭)です。街中のいたる所で売られています。

f0191927_0442268.jpgf0191927_103369.jpg

初日のパレードはターペー通りから右に折れて、ナイトバザールの中を通りパンティッププラザまで行きます。灯りの点いた
クラトンを持って行進、山車もクラトン(灯篭)系の物が多いようです。2日目、3日目になると学校、企業や団体の山車が加わります。

f0191927_033858.jpg

f0191927_2282938.jpgf0191927_2295520.jpg

f0191927_22481641.jpgf0191927_0386100.jpg

f0191927_22524926.jpg


最終日のパレード途中で雨に降られ、スコールなのか、まもなく上がりましたが、一時中断し見物人は屋根のある所へ
逃げ込めても、パレードに出ている人達全員は無理、そのまま雨が上がるまで濡れていました。





f0191927_2212244.jpgf0191927_2214420.jpg

f0191927_22161318.jpgf0191927_081130.jpg

f0191927_21441662.jpgf0191927_0142692.jpg

f0191927_2365066.jpg

f0191927_022468.jpg


     パレードはターペー通りを真っすぐ、ビン川ナラワット橋まで進みます。パレードが終わるとクラトンを流す
     人々で川の両岸は又、賑わいをみせます。




[PR]
by lavender_beth | 2016-01-22 23:47 | タイ | Comments(0)

ロイ・クラトン コムローイ上げ !


今回のチェンマイはコムローイ上げを見たい・やりたい、を目的にウブドから5人が其々別々にチェンマイ入りしました。
日程もホテルも違うし、ウブドとサヌールから仕事がらみで来ている人も2人いて、総勢7人がその日だけ集って
ロイ・クラトン灯篭流し、パレードやコムローイ上げを楽しみました。

f0191927_2334348.jpg

昨年まではロイ・クラトンの3日間ビン川沿いや街中でコムローイをガンガン上げられたのですが、今年は規制されて
しまい25日の満月の日だけで、それも夜9時以降と決められてしまいました。例年ならコムローイ上げは2回あって
インターナショナル(一斉上げ)とローカル向け(ロイ・クラトンの3日間)とに分かれていたのに、規制によりどちらも
25日に重なってしまいました。その為、街中で揚げるか、それとも郊外のメージョウ大学構内の一斉揚げに行くか・・・
せっかく皆が集まったので一斉上げに行きたい!でもチケットがないと大学構内に入れない (-_-;) チケットは旅行会社
のみで扱っていて値段も100$以上で超高く、すでに完売しているとの事でした。でも、メージョウ大学の外側からでも
見えるらしいとの情報もあって 072.gif とにかく行ってみよう。25日当日、ソンテウをチャーターして、一か八かです。
チェンマイ郊外のメージョウ大学を目指しました。

f0191927_22504320.jpg

上げるのは9時過ぎと決まっているので、旧市街を5時頃出発して途中渋滞もなくスイスイと、途中でコムローイも買って
メージョウ大学に到着しました。正面入口はチケットを持っている人なので、そこを通り過ぎて道なりに進みますが
すでに車が渋滞してます。帰りの事を考えてなるべく奥まで車を進めます。メージョウ大学の周りに川があり私達のように
チケット無しは、土手の上で川向うから上がるコムローイを見るわけですが、すでに大勢の見物人でごった返していて
待ち切れずに河原でコムローイを上げる人もたくさんいました。土手には見物人目当てに、飲み物や食べ物を売る
ワゴン車も駐車していて、ビールやイカ焼きなどを買って腹ごしらえしながら、河原で上がるコムローイを見物しながら
一斉上げを待ちました。

f0191927_18521941.jpgf0191927_18535670.jpg

3度目のチェンマイで、やっと念願のコムローイを上げることが出来ました (嬉)
f0191927_18503427.jpg


チケット有りの人が入れる正面入口です。郊外で周りに灯りも見えず、天気にも恵まれ素晴らしい満月が昇っています!
f0191927_191243.jpg


いよいよ9時です。真っ暗な空を満月が煌々と照らす中、コムローイの一斉上げが始まりました。
木々の向こうから物凄い数が一塊になって昇ってゆく様は言葉を失うほど、もう圧巻でした !





大学の外側の見物人の多さに、改めて思うチケット代金の高さ、でも外側で見ると誰しもが言うのは
”今度は絶対に中で見る!” って思うらしいですよ。 まったく同感です(笑)




[PR]
by lavender_beth | 2016-01-20 23:26 | タイ | Comments(0)

チェンマイ その参(食事編) !


旅の楽しみの一つは食事ですね、何処で何を食べるか ! 043.gif いくつか紹介しますね。
まずはホテル着が夜の7時半過ぎ、旧市街から少しはずれたビン川沿いエリアで、静かなんだけど廻りにレストランと
思われる店やカフェが何もない場所だったので、夕食をどうしよう・・・ホテルスタッフに聞いたら10分位歩くとあるって
半信半疑で歩き始めたら、前々回に来た時に泊まったチェンマイプラザホテルがある通りに出た。ここからナイトバザールも
近いけど、チェンマイ初日で、いわゆる和食が食べたいので、近場にあった居酒屋に入ってみた。これいつものパターン(笑)

f0191927_23111334.jpg

もろ居酒屋メニュー、これも立派な和食です~ 「ぐでんぐでん」 にて。小さな店で在住のオヤジが一人
NHKを見ながら飲んでる、そんな鄙びた居酒屋ですが妙に静かで落ち着きます。


f0191927_23193429.jpg

2時半頃、早目にホテルへ帰ろうと思い、車が多いターペー通りから脇道に逸れて、どこかで昼食にしようと入ったカフェ
店内は冷房も効いてるしwifi も繋がる。小奇麗なカフェでカウンター後ろには酒類がズラッと並んでた。
夜はバーになるのかな・・・ここでの遅い昼食はパッタイ(米子麺の焼きそば) 付け合わせの太くて真っ白なモヤシ
それも生なんです。これが美味しいんです。飲み物はモヒートです。昼から飲んでる。


f0191927_2353158.jpgf0191927_2357121.jpg

スリドンチャイロードに面しているレストランは 「Whole Earth」 オーガニック系ヒュージョン料理です。道路に
面していますが敷地が広いので騒音もさほど気にならず、二階のテラス席が凄くいい感じです。

f0191927_23365523.jpg

お料理も美味しかった。マッサマンカレー、プレーンナン、ココナッツジュースを注文しました。マッサマンカレーは初めて
食べたのですが、これが絶品でした。濃厚なスパイススープの中に大きく切ったじゃが芋と鳥肉がゴロゴロ、どっさり
入っていて、それをナイフで切り崩しながら食べます。濃厚ですがしつこくなくて何種類ものスパイスが入って
いるんでしょうね、ゴマの風味もします。私的には今回の旅での食事中一番美味しかった。


お洒落なニマンヘミンエリアでは、ウブド在住のYさんと待ち合わせして一緒にランチしました。

f0191927_14737.jpgf0191927_16443.jpg

f0191927_18595.jpg

ソイ 7にある 「Rustic & Blue」 持っていたフリコピに載っていたレストランですが、メニューを見て失敗した~
ここはカフェなんですね・・・ほぼ満席なのできっと美味しいんでしょう。ボリューウムありそうなものを頼みました。
オーガニック野菜とリンゴ、蝶豆の花のブルーが映えるバゲットのオープンサンドとルッコラとストロベリーの下に
ローストした鶏肉が隠れているワッフルのオープンサンドです。カラフルで女性好みのメニューでした。美味しかった!

f0191927_0585062.jpgf0191927_101840.jpg

もう一つ追加するとすれば、メージョウ大学でコムローイの一斉揚げを待っていた時に食べたシーフード
3種類ぐらいあったような、その中でも一番はイカの丸焼きでした。

f0191927_19515562.jpg

アラッ、タイ料理あんまり食べてないかな ?・・・




[PR]
by lavender_beth | 2016-01-19 22:43 | タイ | Comments(0)

チェンマイ その弐 !


チェンマイ名刹のひとつですが未だに訪れる機会を逃していたお寺、ターぺー門から旧市街に入り一番奥の突き当たり
Wat Phra Singh (ワット・ブラシン)です。 ワット・チェディルアンは来る度に行くのに、すぐ近くですが毎回足が
向かなかった所ですが、行って来ました。

f0191927_1617418.jpg

f0191927_1628198.jpgf0191927_16442525.jpg

こちらが名前の由来となった黄金のブラ・シン像です。この像はスリランカで作られ、タイ北部の町チェンライを経て
チェンマイに移されたと伝えられています。毎年4月に行われるソンクラーン(水かけ祭)には台に乗せられ
チェンマイ市内を巡回。市民からとても親しまれている仏像だそうです。

f0191927_1691159.jpg

こちらの建物はホートライといい、上は木造、下はコンクリートで経典などが納められている建造物です。

f0191927_175442.jpg

f0191927_178917.jpg

木造とコンクリートが一体になっていて、装飾もシンプルな建物ですね。木造部分の赤い壁に描かれている
単純過ぎる模様と壁の色に不思議な感覚を覚えて、妙に魅かれてしまいました。

f0191927_17515682.jpg

f0191927_17551294.jpg

こちらがエメラルド仏、これはレプリカですね。チェンライで発見され、ランバーン、チェンマイを経て現在はバンコクの
ワット・プラ・ケオに移されています。

ワット・ブラシンは広いお寺で見どころもたくさんあるので、又いつかゆっくり行ってもいいかな・・・




[PR]
by lavender_beth | 2016-01-19 17:38 | タイ | Comments(0)

チェンマイ !


11月21日から27日までチェンマイに行って来ました。この時期チェンマイはオンシーズンで、23日~25日の
3日間、ロイクラトンのお祭りで賑わいます。私は早目にチェンマイ入りしていたので、前回行けなかった場所や
買えなかった物などを探しつつ、まずはホテルから歩いて6~7分のお寺Wat Chai Mongkol を見学。

f0191927_23525270.jpgf0191927_044020.jpg

ワット・チャイモンコンはタンブン(徳を積むこと)で有名な所で、小鳥や子魚などを買って、それを放す事により
タンブンする事になる。地元の人々が大勢訪れるお寺です。

f0191927_001796.jpgf0191927_02599.jpg

f0191927_014585.jpg

このお寺は奥まで行くとビン川に面していて、ビン川を臨む景色にも癒されます。ここの船着き場から小鳥や
子魚を放します。

歩いて旧市街のターぺ門へ、そこからソンペット市場を散策。この辺りはゲストハウスがたくさんあって
滞在している観光客も朝食などを買ったり気楽に市場を利用しているようです。小さな市場ですがたくさんの
野菜類も並んでいます。チェンマイに来るといつも思うのはバリに比べると野菜の種類が豊富で安いんです。

f0191927_0353179.jpgf0191927_038834.jpg

昼食はジンジャー&カフェです。とってもセンスの良い、お洒落なレストランです。冷房の効いた店内でチェンマイ
名物のカオソーイです。

f0191927_132392.jpgf0191927_181758.jpg

f0191927_1101440.jpg

ソンペット市場を出て旧市街の奥へと歩いていると、どこからか心地良い音色が聞こえて来ました。
軽やかな音色に誘われてお寺の中へと入って行くと、いろいろな楽器が並んだ部屋で女の子が一人、楽器に
向かい練習の最中でした。民族楽器のようです。ネットで検索したらダルシマーという楽器のようです。
聞き覚えのあるメロディーが・・・アラッ、これって日本の曲ですね。





その日の夜、旧市街のサンデーマーケットに行ったら、ソンペット市場裏のお寺でダルシマーを演奏していた
あの女の子に出会ったんです! 058.gif060.gif   あ~ぁ、だから練習してたんだ。
夜、サンデーマーケットで演奏する為だったのね。 晴れ姿、にこやかな笑顔でした。

f0191927_2354758.jpg

f0191927_0211574.jpg

毎週、日曜夜に開かれているサンデーマーケットは旧市街中央のラチャダムヌン通りの両側には露天が立ち並び
通りに面したお寺などは解放され露天や食べ物屋が並び、まるでフードコートのようになってる。通りの中央部
では、さっきの女の子のように楽器を弾いたり、歌ったり、踊ったり、様々な人達がパフォーマンスを演じています。
楽しい雰囲気ですよ。ナイトバザールよりはこっちの方が好きです。




[PR]
by lavender_beth | 2016-01-15 22:18 | タイ | Comments(0)

7月のチェンマイ その五 !


-------その四からの続きです。

昼食後、ワット・スアンドーク寺院から又旧市街に戻って北側のチャンプアック門へと、お堀に沿って曲がります。
お堀の外側の道を歩いてみました。地図によると、この辺りにもお寺が3つ程あるようです。
Wat・Lok Molee (ワット・ロークモリー)が見えてきました。

f0191927_2251957.jpg

チーク材の重厚な色合い、美しいランナー様式の落ち着いた佇まいの寺院です。
本堂の奥に見えるのが仏塔です。

f0191927_2048495.jpg

本堂を取り囲むように十二支の動物達が配置されています。

f0191927_22344195.jpg


本堂の正面、両端にオベリスクの様な物が立っています。細かい細工とシルバーを基調にターコイズブルーとクロの
組み合わせがシックで、現代的な感じもします。

f0191927_2059150.jpgf0191927_215752.jpg

                中に入ると、金ピカです! 特に天井が凄く綺麗でした。

f0191927_0112871.jpg

                   こちらが天井でごさいま~す。

f0191927_23524774.jpg

               廻りの壁も金ピカの絵で埋め尽くされています。

f0191927_0445541.jpgf0191927_0502180.jpg

1528年、プラ・ムアンケートカラオ王の時代につくられた仏塔は、その中に同王の遺骨が納められているといわれます。
1578年に、メンラーイ王家最後の女性王・プラナーン・ウィスティラーティウィが死去した際にも、その遺骨を本堂に
納めたそうです。

f0191927_22453830.jpgf0191927_23265258.jpg

お堂の中には千手観音風? の仏像があって、それぞれの手には何かを持っていて、長く伸びた腕にはパール状の
ネックレスのようなものがたくさん掛っています。

f0191927_2351385.jpgf0191927_022922.jpg

ワット・ロークモリーを出て少し歩くと、目が痛くなるほどド派手なお寺がありました。

f0191927_0355922.jpg

写真ではそれほど感じませんが、これでもかと言うほど派手です。正面入口上の細工が素晴らしく美しい。
重なり合った屋根のラインと縁の飾りも、空に映えて綺麗でした。

f0191927_2254136.jpgf0191927_050294.jpg

しばらく行くと、金色の馬が2m間隔ぐらいでしょうか、白い外壁の上に立ち並んでいるのがみえます。
名前は分かりませんが、ここもお寺ですね。

f0191927_178265.jpg

f0191927_1739950.jpgf0191927_17434594.jpg

f0191927_17491450.jpg

チェンマイ最終日は天気に恵まれ、お寺廻りも楽しめました。ただ、ワット・スアンドークに行く時に又迷って違う方向に
行ってしまい・・・すぐに諦めてトゥクトゥクで乗りつけましたが(笑) 今日もよく歩きました。




[PR]
by lavender_beth | 2015-08-09 22:57 | タイ | Comments(0)

7月のチェンマイ その四 !


チェンマイに来て4日目にしてやっと天候が回復、久々に晴れました。今日も旧市街へ、更に旧市街を抜けた先にある
お寺を目指して、昼食はその境内にあるベジタリアンレストラン PunPun (パンパン)に行く予定です。

   ユニークな剪定ですね。丸いキノコ型が何層も重なって、葉の下に日陰を作り強い日差しを遮ります
f0191927_2342012.jpg

最初に訪れたのは Wat Murn Ngoen Kong (ワット・ムーングンゴーン)
           -----生きていくのにいい場所というのはどんなところか-----
2009年に公開された映画 「プール」 に登場したお寺で日本人旅行客に人気があるとか。かくゆう私もご多分にもれず(笑)
        
f0191927_2322331.jpg

f0191927_0323210.jpgf0191927_0403570.jpg

寺院の側面下の白い壁の廻りにお祈り姿の仏像、というよりまつ毛パッチリの人形に近い、たくさん並んでいます。
隣接している学校との境にも、いたる所に並んでいて、いかにも女性受けしそうな可愛いお寺ですね。

f0191927_23112489.jpgf0191927_23161835.jpgf0191927_23203889.jpg

金色の涅槃仏の輝きが眩しい、近ずいて見ると光の加減で腕、顔、体中に模様のようにみえるのは参詣者が貼り付けた
金箔ですね。

f0191927_23343189.jpgf0191927_23395592.jpg

足の裏は・・・偏平足ですね ( ^^) _U~~

f0191927_03161.jpgf0191927_23556100.jpg

f0191927_023295.jpg

旧市街を西側のスアンドーク門から出て真っすぐ行った左側にあるのがWat・Suan Dok(ワット・スアンドーク)寺院。
いままで見た金ぴかの寺院と違って、ここは白い世界です。たくさんの白い仏塔が立ち並んだ様は、まるで迷路のようにも
見えて太陽の光を受けて目も開けていられないくらい眩しい。仏塔には境内に点在する歴代の王の遺灰が
納められています。

f0191927_16131454.jpg

f0191927_1575256.jpg

このお寺の一番奥まで行くと、PanPan (パンパン)ベジタリアンレストランがあります。
卵や乳製品は使いますが、肉や白米、精製した砂糖、化学調味料は使わないオーガニックレストランとか。

f0191927_1654395.jpg

食べられる花のサラダと豆腐ステーキを注文、飲み物はデトックスジュースにしましたが、味は青汁です。

f0191927_16193942.jpgf0191927_16233629.jpg

見た目はとても美味しそうですが・・・サラダはもっとカラフルな生花を使ったものかと思ったら油で揚げてある花なので
サラダ自体の味も油っこくなり駄目でした。豆腐ステーキはごま豆腐と普通の豆腐の2種類でソースがやたらに甘い
シンプルに醤油系で食べたかったな。日本語のメニューがあるので普通に玄米系のご飯とタイ料理のおかずを注文した
方が良かったかも。

f0191927_1827982.jpg




     このレストランでは石鹸やシャンプーなどの雑貨も売っていて
     こぶみかんのシャンプーを買いました。使ってみたら、これが凄く良くて
     2種類あるのでフォーミングタイプがお勧めです。




[PR]
by lavender_beth | 2015-08-03 23:00 | タイ | Comments(0)

7月のチェンマイ その参 !


今日もどんより曇り空、涼しいので歩くにはいいけど・・・やっぱり降るでしょうね。 トゥクトゥクでニマンヘミン通りへ
お洒落なショップやカフェ、レストランが集まるエリアです。ここに来る度にいつも立ち止まって、見惚れてしまうのが
これです。少数民族衣装などをリメイクしたインテリア雑貨店の壁一面に掛けられている大きなモノクロ写真です。

f0191927_17592679.jpg

大抵はMAYA という大きなショッピングセンターをブラブラして地下にあるリンピンスーパーで買物して帰るパターン
でしたが、すでに荷物が一杯で重量オーバーになるので買物は控えて、ニマンヘミン通りに面したソイ(路地)
を散策して昼食はDinDee というレストランに行く予定です。MAYA からだと左側に奇数のソイ、右側に偶数のソイ
があります。まず ソイ1 から歩いてみます。一軒家を改装したようなカフェやレストラン、ショップが並んでいます。
自然素材の衣類や少数民族の物を扱う店などはターペー門付近にも幾つかありますが、ニマンヘミン界隈の店は
全体的に値段は高目ですが品質も良く、デザインも洗練されていてなかなか良い物があります。丁度20%off の店が
あったので、そこでバッグを買ってしまった。物欲に勝てなかった~006.gif

f0191927_1720313.jpgf0191927_1835014.jpg

ソイ は表通りに比べると車の往来も少なくて、緑も多く天気が良ければそぞろ歩きにはいいですね。庭先にドンと
白い大きな石が数個転がっていて、何やら丸い鉄枠の柵上には茶と白の鳥がたくさん止まっています。
この店はガーデン関係の設計施工かな?

f0191927_18124155.jpg

入口の木に木製の動物のオブジェがぶら下がっている可愛いレストランは中華料理みたい。
入って見たかったけど次回にとっておこう ( ^^) _U~~

f0191927_1824312.jpg

幾つかのソイを歩き廻った頃、又してもポツポツと雨が、大降りにならないうちに DinDee (土の家)というレストランに
行かなければ。一応地図はあるけどチェンマイ大学アートセンター敷地内というだけで、行ってみないと分からない
状態でした。ニマンヘミン通りを真っすぐにチェンマイ大学を目指します。途中で女子高校生に訪ねそれらしき建物に
着きました。鉄柵は開いていますが誰もいなくて、どう見てもレストランがある様には見えないんです。
ウロウロしていたら車が中に入って駐車したので、一緒に入ってみた。左側は美術館で右手奥の方にこんもりと
茶色の建物が見えたので、もしかしてかな・・・行ってみたらDinDee と小さな立て看板がありました。
ここだ~ 042.gif やっと、来られました!

f0191927_23422882.jpg

ほっこりとした雰囲気のカフェで、タイ風、和風、インド風のベジタリアン料理や自家製デザートがあります。
ごぼうと人参のチャーハン、スープ付きとバイブアボックという野菜のサラダ、飲み物はモヒートです。どれも
優しい味で美味しかった。バイブアボックとはつぼ草(ゴッコラ)といいWHOが 「21世紀の驚異的薬草」 と
位置づけたアーユルベーダのハーブです。アンチエイジング、認知症予防などの効能が凄い薬草なんです。
東南アジアでは野菜として食され、ほんのり甘く、後味が少し苦みがありましたが、ナンプラー風味の辛み
のあるドレッシングとよく合っていて美味しく食べられました。

f0191927_23311447.jpgf0191927_23334254.jpg

雨がひどくなってきましたが、暫くここで2匹のニャん子と遊んで小降りになるのを待ちました。
天気が良ければもう一度ソイの散策をしたかったけど止みそうもなかったので、近くでトゥクトゥクを拾って
ホテルまで帰りました。







[PR]
by lavender_beth | 2015-08-02 18:42 | タイ | Comments(0)

7月のチェンマイ その弐! 


今回のホテルはマニナラ・コーンというホテルで旧市街の外でお堀にも近い場所でしたが、今一場所の把握が出来てなくて
着いた日は夜で、雨もポツポツ降り始めたので夕食をどうしようかと迷いつつ、ホテルを出たら、ホテルの敷地内に
「家族亭」と提灯が掛った日本食レストランがありました。取りあえず今晩は近場でと入ってみました。お客は日本人ばかり
タイ人の奥さんと子供連れだったり、ほとんどが現地で働いている単身赴任風の男性で制服や作業着姿のまま仕事帰りに
寄って夕飯を食べている様な雰囲気でした。多分値段も手頃でそこそこ美味しいのではと思います。
お刺身、煮魚や焼き魚、ラーメンや餃子、蕎麦、うどん、お好み焼きや鍋物、肉類、メニューの多さに驚きました。
一品料理はもちろん、定食類も多いんです。お酒もいろいろありました。
結局、私は3日間も夕飯はここに通ってしまいました (笑) 一番美味しかった烏賊ネギで~す!
f0191927_16123054.jpg


翌日、朝食後ホテルを出て右に行ったらいいのか、左がいいのか、お堀はどっちかが分からなかったので、取りあえず左へ
見覚えのあるメリディアンやインペリアルホテルが見えたので、ロイクロ通りに出て両替して、旧市街の中に入り散策です。
天気は曇り、今日も又雨が降ってきそうです。オオオニバスのある寺 Wat・Jetlin から大きな仏塔がある Wat・Chedi
Luang Worawihanへ、日本でカメラを買い換えたので、大きな仏塔の全景も撮れるし、ズームアップも楽々です。

f0191927_21594817.jpg

             こちらが正面です。落ち着いた印象ですが迫力があります。

f0191927_2281813.jpg

             斜め後方からです。欠け落ちたままの、美しくて存在感のある仏塔なんです。

f0191927_22163726.jpg

涅槃物の身体に掛っているのが、キラキラしてレース模様みたいでとても綺麗です。

f0191927_16303611.jpg

昼食はカオニャオ・マムアンと飲み物はモヒートでした。タイのマンゴーは甘い、もち米もねっとりと美味しい!
ココナッツミルクを掛けて頂ます。この食べ物はデザートの部類なんですがお腹一杯になります。
f0191927_17181190.jpg

やっぱり雨が降ってきました。暫くお寺で雨宿りをして、小雨になってから歩き始めましたが、本降りになったので
慌てて美術館へ飛び込みました。ここは写真撮影もOKでした。

f0191927_2335939.jpg

f0191927_18134100.jpgf0191927_18135048.jpg

f0191927_18212936.jpgf0191927_18265589.jpg

                   はた織機ですね。

f0191927_18345074.jpg

使われているのは鮮やかな色目の糸ですが、時代を経て落ち着いた色調になっています。
アンティークの織物やサロンなどが展示されていました。

f0191927_18473346.jpgf0191927_15573417.jpg

雨が止みそうもないので、ホテルへ帰ろうと思い、お堀の外目指して歩き始めましたが・・・外には出たんですが
行けども行けども、今朝歩いた道とは違うような気がして、だんだん民家が多くなってきたし、あれ~道間違えてるのかな?
かなりお堀から離れてしまった、戻ろうとして横道入ると又そこで迷って、日も暮れてきたし、仕方がない
元来た道を戻るか。又お堀の所まで出て来ました。ふ~ぅ、旧市街は四角でその一辺の延長上にある道を少し行くと
ホテルなんだけど・・・その一辺を間違えてたみたいです。雨は降ってるし、道には迷うしでホテルに辿り着いたのは
6時頃になっちゃた。疲れた~~008.gif
やっとホテルに戻れて足元みたら、雨の中歩いたので泥んこ、グジュグジュです!

f0191927_202538.jpg

                  あ~ぁ、情けない、私ってやっぱり方向音痴だわ。  
                  そんな訳で今晩も又「家族亭」で夕食です (爆)




[PR]
by lavender_beth | 2015-07-31 20:54 | タイ | Comments(0)