カテゴリ:スダッマラン考( 4 )

これもスダップマランとか・・・


          夜7時半頃かな~家の中でやけに花の香りがしているんです。いい匂い!
          家の中にあるスダップマラムの匂いかと思ったけど、もっと強くて濃い香りです。
          もしかしたらと庭に出てみたら、やっぱりこの花の香でした。以前、スダップマラン
          には花と木の2種類あると聞いていたので、マスの植木屋さんに行った時に
          スダップマランと言って買い求めたのがこの木でした。今年は蕾をたくさんつけて
          咲くのを楽しみにしていましたが、なかなか咲いているのを見られません。昼間は
          咲かないので夕方も気にかけていましたが、やっぱり暗くなってからじゃないと
          咲かないみたい。

f0191927_21484357.jpg

          ネットで調べてみたら、この花はスダップマランではなかった。一般的には
          夜香木(ヤコウボク)といい、英名をナイト・ジャスミンといいます。夜に開花して
          花の香りが強烈なので夜香花(ヤコウカ)と言う和名がついています。咲き終わる
          と白い小さな実をつけるらしい、実をつけるなんて知らなかった。花が終わったので
          垂れ下がった枝を切ってしまった (-_-)/~~~ピシー!ピシー!





[PR]
by lavender_beth | 2014-11-01 22:01 | スダッマラン考

ここでも売ってました !


プリアタンの通り沿いには花屋さんが2軒あって、毎週家に配達してくれる
花屋も ←はコチラ この通り沿いの店で、スダッマランは大量にあるけど
最近、花の種類が少ないんです。少し物足りない・・・そんな時はの3軒目の
花屋さんへ行きます。ここはヘリコニア、アンスリュ―ム、カラーや他にも
珍しい南国系の花が豊富なんですよ。

f0191927_1184897.jpg


  プリアタンからアルマ
  方面へ曲がってすぐ
  右側にあります。

以前、八重咲きのスダッマラン ←はコチラ をサンギンガンの花屋で買ったのですが
最近ここでも売っています (嬉) 手前の背の高いほうが八重でその後ろが普通の
スダッマランです。いつものスダッマランはジャワから入って来ていて
八重咲きの方はバリだと花屋の兄さんが言ってました。
へ~~ぇ、バリなんだ・・・で、バリの何処?
兄さん曰く パヤンガンだそうですよ。

f0191927_1394995.jpg

f0191927_159409.jpgf0191927_15111975.jpg

菊の種類もめちゃくちゃ多いけど、どうも私的には仏様用の花というイメージが強くて
バリではめったに買った事はないけど結構需要があるんですね。
店の前に置いてあった結婚式のお祝い用の花です。菊がたくさん使われてますね。
いいですね~こんなのを誰かに送ってみたい ! 貰うじゃなくて送るですか。
ハイ、貰う年齢はと~っくに過ぎてるので (爆)

f0191927_15293569.jpg

happy wedding なんて文字が見えます 016.gif (*^_^*)




[PR]
by lavender_beth | 2011-06-23 02:02 | スダッマラン考

これは八重咲き・・・!


f0191927_14595135.jpg

このスダッ・マラン綺麗でしょう~、茎の太さは同じ位なのに一つ一つの花が
凄く大きいので1本でも存在感があります。花びらの数が多いので、もしかしたら
八重のスダップ・マランではないでしょうか。従来のもの ←はコチラ 蕾も小さくて
硬く、黒っぽくなって開かないのですが、これは蕾がぷっくりとして大きく、先まで
開きそうにも見えるけど。一番外側の花弁の先が薄紅色をしていて、凛とした白色の
楚々とした美しさとは一味違って、たおやかで優雅な雰囲気がします。
プリアタンやプンゴセカンの花屋では見たことがないし・・・多分サンギンガンにある
レストランで見かけたので、この付近の花屋で売っているのではと思っていましたが
見つけました~ (*^^)v ビンタンスーパーの少し先の花屋さんで売ってました。

f0191927_21381536.jpgf0191927_21392898.jpg

一重と八重を並べてみました。こんなに大きさが違います。

f0191927_1253266.jpg

たくさん花が開いたスダップ・マランを短く切って一輪差しにしてみました。
これがあのスダッ・マランとは思えない程ゴージャスで美しいですね。
蕾の先がピンクに色ずいてるのが分かりますか、と~っても綺麗ですよ。
ちなみに花の値段は10本で25,000RPでした。いつもの3倍ぐらいでした。
少しボラれたかもね・・・(笑)





[PR]
by lavender_beth | 2011-01-06 00:41 | スダッマラン考

花の香に囚われて! 


日が傾き人々がマンディを終えて一息つく頃、夕闇が迫るホテルのロビーや
レストランでスダッマランが静かに香り始めます。やや細長く白い花弁が
遠慮がちに開くと、清楚で凛とした雰囲気が漂います。その姿形とは裏腹に
夜の帳の中で強く妖しく香る、その香りに囚われてクラクラと眩暈がしそうです
姿も香りも私の大好きな花です!

f0191927_20245083.jpg

f0191927_20262887.jpg


茎の周りをこんもりと細長く白い蕾が囲み、先端部分はまだまだ緑色で
小さくて固く、切り花にしてしまうと花も開かずに、このまま茶色いままで
萎んで枯れてしまいます。
f0191927_20273524.jpg



  苔むした味のある花器にも
  なんともいえずよく似合います


f0191927_20291791.jpg

モンキーフォレストのコマネカホテルでチェックアウト後レストランンから戻り
着替えようとしたところ、スタッフがギャラリーのトイレの方が広いからと
クローズされていたギャラリーの鍵を開けてくれました。

メイン灯が落された薄明かりのギャラリーの中はシンと静まりかえって
濃厚で心地よい香りが充満していました。この香りは・・・スダッマランでした。
もう十数年前の事ですが、その香りに全身を包まれ一瞬にして酔いしれた
記憶は今も鮮明に残っています。昼間は匂わないのに何故暗くなってから
香り始めるのか、当時は花の名前すら知りませんでした。そしてバリを思うたびに
この香りが蘇りました。

f0191927_20303194.jpg

この花をメジャーにしたのはやっぱりアマン系のホテルでしょうね。
アマヌサ、アマンキラ、アリラ・マンギス(旧セライ)のエントランスに
並ぶ白い花の美しさ !アリラ・ウブドのプールに飾られたスダッマランは
まるで絵の様に水面に映えて幻想的な雰囲気さえ漂います。



     今バリに住むようになって
     欠かさず部屋に スダッマラン を飾るようになり
     ふと感じるのは、以前に比べて香りが薄くなったような
     そんな気がするんですが・・・これは私だけでしょうか。




[PR]
by lavender_beth | 2008-10-22 15:53 | スダッマラン考