シルサック !


f0191927_21291117.jpgf0191927_20414523.jpg

タイチー仲間のKさんの庭には、今シルサックの実がたくさんなっているそうで頂きました。
名前を知ったのは、JL.ゴータマにあるホームメイドジャム ”Confiture Michele” で
白っぽい色のジャムが珍しくて買ったのが始めで、長いこと名前と現物が一致しないままでしたが
この果物だったんですね、触ってみるとまだ実が堅く、指で押して柔らかくなったら食べられると
言われてしばらく放置。3日後、全体が柔らかく熟れてきました。もう食べられそう。

f0191927_22112638.jpgf0191927_20463189.jpg

インドネシア語で sirsak (シルサック)、英語では sour sop (サワーソップ)日本語では
トゲバンレイシと呼ばれるそうです。食してみると香りや味が、何とも薄くてはっきりしないんです。
ココナツのような香りや柑橘系の香りもある。味はほんのり、ぼんやり甘いような、真っ白い果肉は
種がたくさんあって食べずらく食感も繊維質が多くスポンジっぽく?表現しにくい、生のままでは
食べきれなくて、急遽レモン汁と砂糖を少し足して、アクセントに冷凍保存のレモンの皮の千切り
を入れてジャムにしてみました。 ブレンダーで滑らかにしたら出来あがり。美味しくなりました。
今が旬なのか、デルタに行ったら売ってました。今までずっとドリアンの一種かなと思っていました(笑)
普通はジュースにして飲むようです。お馴染のBuavitaからシルサックジュースが出ていました。
ちなみにネット検索してみると、この果物の効能がちょっと引いてしまうぐらい凄い。何でも
果実と葉は癌細胞を死滅させるのに有効な役割を果たすとか?、うつ病、ストレス、神経系を
正常化するとか?便秘や腰痛にも効くとか?葉は煎じてお茶にして飲むと喉に良いとか?食物繊維や
カリウム、ビタミンB1が豊富?真偽のほどはどうなのか、ともあれ南国育ちの果物は身体に良いものが
たくさんありますね。




[PR]
by lavender_beth | 2015-03-13 16:48 | バリで食べる | Comments(0)
<< シルサックをスムージーで ! バスタブ ! >>