祈りの島 バリ !


          バリ島最南端のウルワツ寺院、ここは特に水の霊気が強い地です。

f0191927_22533530.jpg

           4月2日(土)4時からウルワツ寺院にて、東日本大震災の慰霊と今後の復興の為の
           祈りの儀式が行われました。マンク・パステカ・バリ州知事の呼びかけで、最高位
           プダンダ60人、一般僧侶プマンク110人、参列者に各県知事や州・県の幹部
           在デンパサール日本総領事館、バリ日本人会など、約500人程が参列しました。

f0191927_134370.jpgf0191927_1375262.jpg

f0191927_1421435.jpg

           からは10人程が参加しましたが、お坊さんと来賓だけでもかなりの人数に
           なるので、入れないのではと思っていましたが、結構前の方に案内されて座りました。
           少し前の方には大勢のプダンダが並んでいたし、お祈りの仕方もあやふやなのに
           こんな前の方で・・・でも何とか、見よう見真似でしたが静かな気持ちで祈る事が
           出来ました。

           ウルワツ寺院の祈りの儀式の様子は YouTube で、すでにアップされていて
           Bali Prays For Japan で検索すると見られます。

           この儀式が行われた経緯は「ウブド村暮らし通信」から転載します。

           発案したのは文化交流などで日本と行き来のあるマニクマス財団とマンク・パス
           ティカ・バリ州知事。財団はマス村に住むスディアナさんと浩美さんの夫婦を中心
           に運営されている交流や文化、教育振興などに取り組んでいます。マンク知事はバ
           リのテロ事件以降、治安維持、観光経済の回復に尽力した人です。その際、日本の
           人たちの多くの協力を得たことなどから、今回の儀式開催を先頭に立って進められ
           たそうです。インドネシア国内のスマトラ島アチェの大災害の際、同じように島を
           あげて鎮魂の祈りを捧げたことはあるが、外国の災害では、全く初めての開催です。

           明日4月5日デンパサールにても、「LOVE and FRIENDSHIP for JAPAN」の
           催しが、バリ州観光協会(BTB)主催で、レノンのバジュラサンディで予定されています。
 
           バリからの祈りが、どうか日本に届きますように。




[PR]
by lavender_beth | 2011-04-03 15:49 | 日々の生活の綴り
<< 近頃の凛ちゃん ! 東日本大震災チャリティー演奏会 ! >>