ジャワ島 ブロモ山へ (其の二)!


3時半のモーニングコールで起きてみると、外は暗いし寒い!
山頂はもっと寒いと事前に聞いていたので、Tシャツや長袖シャツ、パーカー
とにかく重ね着してその上にジャケットを羽織ります。スパッツ、パンツ、ソックス
マフラー、手袋と冬の服装です。前日に予約していたジープに乗り込みます。

登山道の入り口で入山料を支払い、カルデラ全体を見渡せるプナンジャカン山の
ビューポイントまでジープで登ります。ジープを降りると展望台までの道には
手袋や帽子、マフラーを売っている店やワルンなどが並んでいます。この辺りで
防寒用のコートを借りる事もできます。まだ薄暗く靄がかかっていましたが
展望台にはすでに、たくさんの人が日の出を待っていました。

f0191927_2255969.jpg



  日の出前の
  カルデラ


f0191927_2133158.jpg

  雲が切れて
  日が差しこみ
  オレンジ色に
  染まります。

f0191927_0531027.jpg

カルデラの中にも光が差して、内輪山がくっきり現れました。
ひときわ高く聳えるのはジャワ島の最高峰スメル山 (3,690m)です。
噴煙が湧き上がっている岩山が聖山ブロモ (2,382m)です。

f0191927_056660.jpg


ジープに乗って、いよいよカルデラに降ります (≧∪≦*)♪
右側の方向から回り込んでバトゥク山の後ろのブロモ山へとカルデラの中を
走り、草地の途切れる辺りで今度は馬に乗り換えます。

f0191927_165161.jpg



  カルデラの中
  砂地の草原


f0191927_1171134.jpg



  テングル族の
  馬引き達が
  ズラリと客を
  待っている。


f0191927_14405773.jpg


ジープを降りてブロモ山の階段まではそれほど遠くないので歩いてもいけますが
折角の機会です馬に乗ります。ポーニーでしょうか・・・みんな小さな馬達です。
階段の下辺りで待っていてくれます。帰りは下りなので歩いてもよかったけど
やっぱり馬に乗っちゃいました。

f0191927_14105537.jpg


275段の階段を登ると山頂です。硫黄の臭いが漂い、火口から噴煙が
上がっていました。山頂でテングル族の花売りから花束を幾つか買って
みんなでお祈りして、火口を目がけて花を投げ入れました。

f0191927_14552569.jpgf0191927_14563654.jpg

花束がとても綺麗でした。白い小さな花はエーデルワイスだそうです。
南国でエーデルワイスの名前を聞くなんて・・・ 056.gif

不思議な気がしましたが、やはりここは山岳地帯なんですね。 




[PR]
by lavender_beth | 2010-05-31 00:11 | 日々の生活の綴り
<< 洗濯機が壊れた~! ジャワ島 ブロモ山へ (其の一)! >>